トップ > 応急手当 > いざというときの心肺蘇生法

応急手当

心肺蘇生法の継続


簡単な応急手当

あなたは愛する人を救えますか?

心肺蘇生とAED
の手順の繰り返す

【心肺蘇生法とAEDの手順の組み合わせ】

AEDは2分おきに自動的に心電図を解析します。そのつど、「体から離れてください」などの音声メッセージが流れますので、心肺蘇生を中断し、倒れている人から手を離すとともに、周囲の人にも離れるよう声をかけ、離れていることを確認します。
解析後は、AEDの音声メッセージに従ってください。


胸骨圧迫                       人工呼吸
 胸骨圧迫                                                 人工呼吸


AED
AED


【胸骨圧迫交代要領】

胸骨圧迫の実施には体力がいります。協力者がいる場合は、1~2分を目安に役割を交代します。交代による中断時間をできるだけ短くすることが大切です。

胸骨圧迫交代要領
動画をみる


【心肺蘇生の中断】

普段どおりの呼吸や目的のある仕草があれば心肺蘇生はいったん終了しますが、反応が戻るまでは気道確保や回復体位が必要となるかも知れません。繰り返し反応の有無や呼吸をみながら救急隊の到着を待ちます。普段どおりの呼吸がみられなくなった場合は、ただちに心肺蘇生法を開始します。

 


【救急隊に引き継ぐまでの対応】

救急隊に引き継ぐまで、心肺蘇生法とAEDの手順を諦めずに繰り返してください。
倒れている人が、普段どおりの呼吸をしはじめる。あるいは目的のある仕草が認められて心肺蘇生をいったん中止しても、再び心臓が停止してAEDが必要になることがありますので、AEDの電極パッドは胸から剥がさず、電源も入れたままにしておいて下さい。


 

【もしもあなたが倒れてしまった時のために…】

心肺蘇生は、必要な時に、誰もが受けられるべきものです。実際に、心停止の方が心肺蘇生を受けて社会復帰を果たしている例も少なくありません。しかし、その一方で「がんや慢性疾患の終末期なので、いざという時に救命処置をうけず安らかに眠りたい」と望んでいる人もいます。しかし、意思表示がないとその人の望み通りにならないこともあります。もし、自身がそのような終末期の立場になったとき、自分がどうしてもらいたいのかを日頃から家族や掛かりつけ医と十分に話し合い、事前に意思表示しておくことも大切です。



おさらい動画を見る
メニュー画面に戻る

▲トップに戻る