スタートページに設定
文字サイズ 拡大 標準 縮小

姫路にある官兵衛ゆかりの地

広峯神社(姫路市広峰山)

官兵衛の祖父・重隆の代に黒田家は備前・福岡から姫路に移り、広峯神社の御師(おし)が配る神符(おふだ)とともに黒田家秘伝の目薬を売って財を蓄え、黒田家発展の基礎を築いた。現在も御師屋敷の建物が残る。京都・祇園の八坂神社は平安時代に、都を襲った疫病を治めようと、広峯神社の神を移したとされており、都大路を彩る祇園祭もそのルーツは広峯にある。

 

広峯神社

御師屋敷(姫路市広峰山)

当時の廣峯神社は、豪壮な土塀に囲まれ、社家は神社を囲むように点在し、どの屋敷も崖に面し、石垣を高々と積み上げ勇壮な構えであった。
廣峯神社の御師たちは、神主を中心とする武家団という性格もあって、いざとなれば神社を本陣として34の御師屋敷を砦とし、敵を防ぐ自衛手段をとる方策もあったようで、どの社家も武張って見えた。
現在は、二軒のみ当時の面影を僅かに残している。

御師屋敷 御師屋敷(内部)

御師屋敷(内部) 御師屋敷(イメージ)

御着城址(姫路市御国野町御着)

赤松氏の一族で西播磨最大の領主だった小寺政隆が築き、本城とした。

官兵衛は、小寺政職(まさもと)にその才能を認められ、家督を継ぐまで御着城で政職の近習として仕えた。
御着城跡公園内には、黒田官兵衛の顕彰碑が建立されている。

御着城址 御着城址

姫路城(姫路市本町)

黒田家の時代にも小さな城があり、官兵衛はここで誕生した。三木城落城後、そこを居城としようとした秀吉に、官兵衛は中国攻めの拠点にふさわしいと姫路城を明け渡し、秀吉はここに三重の望楼式天守を持つ姫路城を築城。天下取りの足がかりとした。また、現在の姫路城の「に」の門櫓西面に、キリスト教に入信した官兵衛が使った十字紋の鬼板瓦が使われている。

姫路城

増位山随願寺(姫路市白国)

官兵衛の叔父・黒田高友は僧となり、休夢と称して増位山の地蔵院に住んだ。和歌に秀で、秀吉に仕えたが、生母・明石氏とともに、文人官兵衛に大きな影響を与えた。
また、増位山は三木の別所長治との間でたびたび戦場となり、天正元年(1573)に別所の軍勢が寺塔をことごとく破却したが、秀吉によって再興された。

増位山随願寺

青山古戦場跡(姫路市青山)

官兵衛の初戦の地である青山で、武将としての官兵衛に思いをはせ、顕彰活動を続けている。「黒田官兵衛古戦場跡」と記された石碑のそばに、黒田家の家紋に描かれたフジの木や目薬の木を植えるなど、ゆかりの地の整備を行っている。

青山古戦場跡

黒田家廟所(姫路市御国野町御着)

御着城址の一角にあり、官兵衛の祖父・重隆と生母・明石氏を祀る黒田家廟所、小寺家とその家臣らを祀る小寺大明神の2カ所で毎年4月、黒田家と小寺家、天川家(小寺家の子孫)の関係者を招き、法要を営んでいる。

黒田家廟所

書寫山圓教寺(姫路市書写)

三木城の別所長治の反乱により、姫路城にいた秀吉は別所氏と西の毛利氏に挟まれ窮地に陥ったが、官兵衛の進言で書寫山に本陣を移し、危機を回避した。

書寫山圓教寺

国府山城址(姫路市飾磨区妻鹿)

国府山(功山)は姫路市飾磨区妻鹿にあり、かつて姫路城を豊臣秀吉に明け渡した官兵衛が、父・職隆とともに移り住んだ城があった。山麓に、妻鹿城址(国府山城址)の碑がある。

国府山城址 国府山城址

黒田職隆廟所(姫路市飾磨区妻鹿)

官兵衛の父・職隆(もとたか)は天正13年(1585)国府山城で没した。国府山城南方に職隆の廟所があり、地元では「筑前さん」と親しまれている。官兵衛の父・職隆の没後420年となった平成17年以降、黒田職隆廟所で黒田家と親交の深い心光寺住職を招いて墓前祭を毎年営んでいる。

黒田職隆廟所

英賀神社(姫路市飾磨区英賀)

英賀神社は、一大勢力を誇った三木氏が城主だった英賀城跡の一角にある。司馬の先祖は英賀に籠城した武将とされ、官兵衛に敵対した。
小説では、毛利氏の応援を得た三木氏の軍勢を、官兵衛が巧みな戦術で破る場面が描かれる。英賀城は後に、官兵衛を中心とした羽柴秀吉の大軍に攻め落とされる。
境内には、「播磨灘物語」の文学碑が立つ。
境内には、英賀城土塁跡が残されている。

英賀神社 英賀神社

英賀城跡(姫路市飾磨区英賀)

英賀城は播磨の守護大名であった赤松一族の城で永享年間の初めに赤松祐和が築いたと言われ嘉吉の乱の後、勢力を失い没後は三木通近が在城。
以後代々三木氏の居城となったが戦国時代の後半、置塩城の赤松宗家の勢力が衰えると、天正八年(1580)秀吉により滅ぼされた。現在も英賀神社に土塁跡が残っている。

英賀城跡

松原八幡神社(姫路市白浜町)

羽柴秀吉がこの地を平定したとき、この神社を城南の芝原(今の姫路市豊沢町)に遷すように命じた。そのときに秀吉に松原は由緒ある地だと諭し、この地での存続を懇願したのが、名軍師・黒田官兵衛だといわれている。千石千貫といわれた社領をわずか六十石に減じられながらも松原八幡神社はこの地で存続することができた。
また、官兵衛は天正十二年に松原八幡宮を復興する際に、拝殿を寄進したと伝えられている。寄進された拝殿は、後に絵馬堂として移築され、昭和五十六年まで使用されていた。現在は、老朽化し解体され新たに絵馬堂が新築された。

松原八幡神社 松原八幡神社

播磨国総社(姫路市総社本町)

播磨国総社は歴代姫路城主の崇敬を受けてきたが、重隆の没後、家督を継いだ職隆も永禄十年(1567)に総社の拝殿や表門を再建。天正十二年(1584)には制札を与えるなど、その保護に努めている。

播磨国総社

牛堂山国分寺(姫路市御国野町)

 阿閇城の戦いの後、毛利の大軍が上月城を囲んだため、秀吉らは救援に赴いたが、その隙に乗じて別所勢が姫路城を陥れようとしたため、官兵衛は急きょ姫路に引き返し、国分寺に拠って撃退したと伝えられる。

牛堂山国分寺

栗山四郎右衛門 出生地(姫路市栗山町)

姫路市栗山町に生まれ、有岡城に幽閉中の官兵衛を救出。官兵衛臨終の際に後事を託された。

栗山四郎右衛門 出生地

広畑天満宮(姫路市広畑区)

境内には、司馬遼太郎の祖父(福田惣八)と父(福田是定)の玉垣が残さている。
また、作家司馬遼太郎の御先祖出身地の由縁で、平成十五年に文学碑が建立された。

広畑天満宮 広畑天満宮

司馬遼太郎 祖父の生家(姫路市広畑区)

作家司馬遼太郎の先祖は、祖父の福田惣八が明治初年に大阪に出ていくまで住んでいた。

司馬遼太郎 祖父の生家

林田大庄屋旧三木家住宅(姫路市林田町)

 三木家は、英賀城主三木氏の出自と伝えられています。天正八年(1580)、羽柴(豊臣)秀吉による播磨侵攻により英賀城が落城三木家は、英賀城主三木氏の出自と伝えられます。天正8年(1580)、羽柴(豊臣)秀吉による播磨侵攻により英賀城が落城した際、一族は各地に逃れました。当家は林田に来て帰農し、江戸時代を通じて林田藩の大庄屋をつとめました。

林田大庄屋旧三木家住宅

峰相山鶏足寺跡(姫路市石倉)

 天正六年七月、秀吉が尼子勝子、山中鹿之介らに守らせていた上月城が毛利方の手に落ちると、翌八月に峰相山鶏足寺の衆徒が蜂起。秀吉の命を受けた官兵衛が寺を焼き討ちにしたという。

峰相山鶏足寺跡

御茶屋鶴松亭跡(姫路市網干区興浜)

官兵衛が秀吉を招待し、沖之浜州の陣屋で大茶会を催したところ、大松に鶴が見事な巣をかけていたことから、秀吉が陣屋の名を「鶴松亭」とするよう命じたといわれる。

御茶屋鶴松亭跡

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2073   ファクス番号:079-221-2076
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地