検索方法
 

おわりに

 冒頭で、昨年の日本遺産認定のニュースをご紹介しました。認定された「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」のストーリーは、明治という新しい時代に駆け出していく当時の日本を、本市を含めた播磨・但馬地域が力強く支えていたことを我々に思い出させてくれました。

 

 本年は明治元年から数えて満150年の記念の年に当たり、こうしたことを内外に向けて発信していく絶好の機会でありますが、さらに思いを巡らせますと、銀の馬車道の起点である飾磨津、現在の姫路港の整備を進めた姫路藩の名家老・河合寸翁が思い起こされます。

 

 昨年、生誕250年を迎えた寸翁は、港の整備のほかにも、窮地に陥っていた藩の財政を木綿の専売などにより立て直し、また、未来を担う人材を育成するため仁寿山校を創立するなど、領民を思い、藩の誰もが豊かになる未来を目指して、数多くの偉業を成し遂げた人物であります。領民の生活を脅かす飢饉や災害に対しても備えを怠らず、中国最古の歴史書といわれる「書経」にある言葉「(たみ)()(くに)(もと)、本固ければ邦(やす)し」から名付けられた「固寧倉」の設置にも尽力しました。民が富めば国も富む、という時代の先を見通した優れた理念が、これらの偉大な功績につながったのであり、その事績は当時の姫路藩政にとどまらず、明治から現在に至るまでの姫路そして播磨の発展の礎となっております。

 

 現在、我が国は、世界でも類を見ない速度で人口減少と少子・高齢化が進み、既存の社会経済システムが大きく変わりつつあります。また、IoTやビッグデータ、AI等による産業イノベーションが続き、こうした先を見通すことの難しい時代の転換期において、今後も本市が持続的に発展していくためには、産官学金労言といった分野、業種の垣根を越えて力を合わせ、未来を予測し、強い情熱をもって「ひめじ創生」を進めていかなければなりません。

 

 本市には、こうした困難な状況を乗り越えていく「総合力」があると考えております。日本経済を支える工業都市でありながら、彩り豊かな歴史と文化、自然資源があり、特色ある地場産業にも恵まれております。そして、何より本市で暮らし、働き、日々を営む市民の皆様の力があります。

 

 今後とも、現在・過去・未来の市民に責任を持てる「共生のまちづくり」を基本理念に、市民の皆様の声にしっかりと耳を傾けながら、市政を担う者としての強い責任感と使命感の下、本市の未来を支える「総合力」をさらに高め、市民の皆様がこれまで以上に夢や希望を持てる市政運営に全力で取り組んでまいります。

 

 市民の皆様並びに議員各位のご理解とご協力を心からお願い申し上げ、平成30年度の所信表明といたします。 

 


 

はじめに 

 

「幸せ 感動 夢あるまち」の実現に向けた3つの戦略テーマ

1 活力と誇りを創(つく)る 姫路(まち)
(1) 発展を支える都市基盤の整備
(2) 強みを活かした観光・産業の振興
2 人とくらしを育(はぐく)む 姫路(まち)
(1) 健やかな成長を支える子育て・教育環境の充実
(2) 安全・安心で快適に暮らせる生活基盤の構築
3 未来と夢を展(ひら)く 姫路(まち)
(1) 感動を産み出すスポーツ・文化の振興
(2) 人口減少社会でも輝くまちづくりの推進

 

おわりに

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2206   ファクス番号:079-221-2384

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地