姫路わくわくチャイルド

LINE公式ch

行政サービス

あずける

日常的な保育サービス

保育所への入所について(H29年度)

対象者(保育所と認定こども園の2号・3号認定)

保育所とは、就労などのため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設です。
姫路市に住民登録があり、父母などの保護者が就労、妊娠出産、傷病など「保育を必要とする事由」に該当する家庭の児童が対象となります。

施設での保育を希望される場合の保育認定(2号認定、3号認定)については、以下の3点が考慮されます。

1.保育を必要とする事由 次のいずれかに該当することが必要です

  • 就労(フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働など、月48時間以上の就労)
  • 妊娠、出産
  • 保護者の疾病、障害
  • 同居又は長期入院等している親族の介護・看護
  • 災害復旧
  • 求職活動(起業準備を含む)
  • 就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)
  • 虐待やDVのおそれがあること
  • 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  • その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

※同居の親族の方が子どもを保育することができる場合、利用の優先度が調整される場合があります。

2.保育の必要量  就労などを理由とする利用の場合、次のいずれかに認定区分されます。

  1. 「保育標準時間」利用 ⇒フルタイム(月120時間以上)就労を想定した利用時間(最長11時間)
  2. 「保育短時間」利用  ⇒パートタイム就労を想定した利用時間(最長8時間)
  保育を必要とする事由
就労・就労内定 妊娠・出産 保護者の疾病・障害など 介護・看護 家庭の災害 求職中・起業準備 技能習得中・学生 虐待・DV 育休中
区分 標準時間    
短時間
  • 保育を必要とする事由が、求職中、育休中の場合は、保育短時間に認定されます。
  • ○印の利用時間の区分は、標準時間認定となります。短時間認定を希望される場合は、申込用紙下部の希望欄に√を付けてください。
  • △印の利用時間の区分は、保護者の就労等の状況に応じて認定されます。(下記図参照)

利用時間区分

※ただし、標準時間・短時間の設定時間は、各施設によって異なります。
※認定された保育時間を超える利用については、「延長保育事業」により対応します。
※月の就労時間が120時間未満であっても、就労時間帯との関係から、施設が設定する保育時間を超えて利用せざるを得ない場合は、標準時間認定を申請することも可能です。

3.「優先利用」への該当の有無
ひとり親家庭、生活保護世帯、生計中心者の失業、お子さんに障害がある場合[【FAQ】 Q5]などには、保育の優先的な利用が必要と判断される場合があります。必要に応じて証明する書類を提出してください。(生活保護世帯、生計中心者が失業された場合の必要書類については、直接ご相談ください。)

担当窓口

こども保育課 認定・利用担当
TEL:079-221-2313・2366

  • Universal Menu Quality
  • ひめじ防災プラザ
  • あいめっせ
  • キッズページ
  • 姫路市