ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

現在位置

 

あしあと

 

    圓教寺×杉本博司 五輪塔―地 水 火 風 空(前期) 能クライマックスー翁 神 男 女 狂 鬼(後期)

    • 公開日:2022年3月21日
    • 更新日:2022年5月13日
    • ID:20717

    主旨

    姫路市立美術館では、「オールひめじ・アーツ&ライフ・プロジェクト」と題し、姫路の二大文化資源である姫路城と圓教寺をつなぎ、新たな姫路の魅力を国内外に発信するアートプロジェクトを令和 3 年度から 6 年度まで 4 年に渡って展開しています。今年度は 国際的に活躍 されている現代 美術作家・杉本博司氏を招聘し、その芸術世界を姫路の地で展開していきます。
    その第1 弾とな る 本展 では 、通常は非公開の 圓 教寺常行堂(国指定重要文化財) において、 ≪阿弥陀如来坐像 ≫(国指定重要文化財) と杉本作品 ≪光学硝子五輪塔 ≫によるインスタレーションを展示します。 9 月 17 日からは 、これに加えて姫路城・書寫山圓教寺を舞台に、能の 「五番立て」構成である「神男女狂鬼」に特別編として「翁」を加えた杉本博司監督の映像作品 ≪Noh Climax≫ の映像インスタレーションを行います。世界の構成要素である「地水火風空」を形象化した五輪塔、そして能の定番にして日本文化の普遍的テーマでもある「神男女狂鬼」。これらが時空を超えて圓教寺常行堂で出会います。

    開催概要

    前期

    Five Elements五輪塔-地 水 火 風 空

    会期:2022 年 4 月 29 日 (金曜日・祝日)から 8 月 31 日(水曜日)

    開館時間:午前10 時から午後4 時

    後期

    Noh Climax能クライマックス- 翁 神 男 女 狂 鬼

    会期:2022 年 9 月 17 日(土曜日)から 12 月 4 日(日曜日)

    開館時間:午前10 時から午後4 時

    休館日

    会期中無休

    観覧料

    一般 500 円

    大学生・高校生 200 円

    中学生・小学生 100 円

    未就学児は無料

    会場

    書寫山圓教寺 常行堂(国指定重要文化財)
    所在地:〒 671-2201 兵庫県姫路市書写 2968

    主催

    書寫山圓教寺、姫路市立美術館

    協力

    公益財団法人小田原文化財団、ギャラリー 小柳、新素材研究所、杉本スタジオ

    後援

    朝日新聞姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社神戸総局、サンテレビジョン、播磨 時報社
    播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティ FM21 、毎日新聞姫路 支局
    読売新聞姫路支局、ラジオ関西( 50 音順)

    プロモーション映像

    杉本博司が監督を務める映像作品≪Noh Climax≫ の 概要

    ・映像監督:杉本博司
    ・映像撮影:鈴木心
    ・撮影場所:姫路城 、 書寫山圓教寺
    ・製作・著作:杉本博司、国際交流基金
    ・制作協力:公益財団法人小田原文化財団、姫路市立美術館
    9月17日より、常行堂内にて上映、国際 交流基金 「STAGE BEYOND BORDERS」 特設サイトで全世界向けに公開予定(多言語 字幕つき)
    「STAGE BEYOND BORDERS 」

    特設 サイト https://stagebb.jpf.go.jp/別ウィンドウで開く

    アーティストプロフィール

    1948年東京生まれ。 1970 年に渡米、 1974 年よりニューヨーク在住。活動分野は写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理と多岐に渡り、世界のアートシーンにおいて地位を確立してきた。杉本のアートは歴史と存在の一過性をテーマとし、そこには経験主義と形而上学の知見をもって、西洋と東洋との狭間に観念の橋渡しをしようとする意図があり、時間の性質、人間の知覚、意識の起源、といったテーマを探求している。世界的に高く評価されてきた作品は、メトロポリタン美術館( NY )やポンピドゥセンター(パリ)など世界有数の美術館に収蔵。代表作に 『 海景 』 、 『 劇場 』 、 『 建築 』 など 。
    2008年に建築設計事務所「新素材研究所」を設立 、 MOA 美術館改装(2017)などを手掛ける。 2009 年に公益財団法人小田原文化財団を設立。 2017 年 10 月には構想から 20 年の歳月をかけ建設された文化施設「小田原文化財団 江之浦測候所」をオープン。古美術、伝統芸能に対する造詣も深く、演出を手掛けた 『 杉本文楽曾根崎 』 公演は海外でも高い評価を受ける。 2019 年秋には演出を手掛けた 『 At the Hawk’s Well (鷹の井戸 』 をパリ・オペラ座にて上演。主な著書に 『 苔のむすまで 』 、 『 現な像 』 、 『 アートの起源 』 、 『 空間感 』 、 『 趣味と芸術-謎の割烹味占郷 』 、 『 江之浦奇譚 』 、 最新刊に 『 杉本博司自伝 影老日記 』 。 1988 年毎日芸術賞、 2001 年ハッセルブラッド国際写真賞、 2009 年高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)受賞。 2010 年秋の紫綬褒章受章。 2013 年フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲。 2017 年文化功労者。

    お問い合わせ

    姫路市役所観光スポーツ局観光文化部姫路市立美術館

    住所: 〒670-0012 姫路市本町68番地25 姫路城東側

    住所の地図

    電話番号: 079-222-2288 ファクス番号: 079-222-2290

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム