姫路科学館>館内のイベント時刻表>夏休みのイベント

姫路科学館・夏休みのイベント特集2019

夏休み期間中、姫路科学館では様々なイベントを予定しています。

夏休みの開館日カレンダー

姫路科学館・2019年7・8月の開館情報
8月19日 20
休館
21 22 23 24 25
CDコンサート
  特別展「新・錯覚美術館」
26 27
休館
28 29 30 31 9月1日
  特別展「新・錯覚美術館」

特別展「新・錯覚美術館」

新・錯覚美術館

大人もこどもも楽しめる、体験できる、そしてやっぱり見事に騙されてしまう、人間の知覚と錯覚の不思議を学べる「錯覚美術館」。
杉原厚吉先生(明治大学研究・知財戦略機構研究特別教授)の「錯覚美術館」の新作品を一堂に展示します。

特設のページをご覧ください。

  • 2019年7月26日(金)から9月2日(月)まで
  • 観覧料:一般200円、小中高校生100円(お徳なセット券もあります)

特別展をご覧になるためには、特別展示観覧券が必要です。常設展示観覧券や「どんぐりカード」では入場できません。

プラネタリウム増量中

全天映画「星の旅」

夏休み期間中は、毎日5回投影があります。
9月1日までの日曜日は、開館直後の9時45分から臨時投影として、人気の全天映画「星の旅~世界編~」を上映します。

ミニ展示「科学実験の今むかし」&「アポロ月着陸50年」

旧制姫高コレクションミニ展示

旧制姫路高等学校の実験機器コレクション「旧制姫高コレクション」を、サイエンスショーのテーマとリンクした展示【ミニ展示「科学実験の今むかし」】で内容を入れ替えながら公開中です。
また4階では、人類初の月着陸から50年になるのに合わせて、月に関するミニ展示を開催中です。

プラネタリウム

投影内容についての詳細は「プラネタリウム」のページへ。
全天映画(12時45分、14時55分)の回は、整理券を配布する場合があります(9時30分の開館時より当日分)

投影開始時刻 夏休み中の投影
(各45分間)
9時45分
(日曜日のみ)
全天映画B
「星の旅~世界編~」
11時 星空案内と宇宙の話題
「月の模様」
12時45分 全天映画A
「月世界」
13時50分 星空案内と宇宙の話題
「月の模様」
14時55分 全天映画B
「星の旅~世界編~」
16時 星空案内と宇宙の話題
「月の模様」
  • 星空案内9月「月の模様」:「月のウサギ」の秘密に迫ります。
     
  • 全天映画A「月世界」:今年2019年は、1969年にアポロ11号が人類初の月面着陸に成功してから50年。地球の隣の天体なのに、今なお遠い月世界。アポロの足跡を交えながら、天体としての月の姿を科学的な話題をたくさん盛り込んでご紹介します。  
  • 全天映画B「星の旅~世界編~」:星空を追う世界の旅をドーム映像で再現。 南十字星や天の川、ウユニ塩湖の水鏡に映る満天の星。何年もかけて撮影した、星空実写映像いっぱいの作品です。 迫力のCGで、天の川の正体を探る旅も体験できます。

館内のイベント

夏休み中は、館内で色々なイベントがあります。イベントの詳細は「館内イベントの時間割」のページへ。

時刻 常設展示プラネタリウム 特別展・企画展
9時  9時30分 開館  
9時45分 (日曜日のみ)プラネタリウム
【全天映画B「星の旅~世界編~」】(45分間)
特別展「新・錯覚美術館
(7月26日から9月2日まで)
10時 10時30分 ★化石タッチング
(2階・20分間)
11時 11時 ★プラネタリウム
【星空案内と宇宙の話題】(45分間)
11時10分 ★サイエンスショー
(3階サイエンスシアター・20分間)
12時 12時 (土日祝のみ)宇宙と星のお話会
(4階スペースシアター・20分間)
12時45分 ★プラネタリウム
【全天映画A「月世界」】(45分間)
13時 13時10分 (土日祝のみ)自由参加の科学教室
(1階エントランス)
13時50分 ★プラネタリウム
【星空案内と宇宙の話題】(45分間)
13時55分 ★化石タッチング
(2階・20分間)
14時 14時30分 (土日祝のみ)自由参加の科学教室
(1階エントランス)
14時55分 ★プラネタリウム
【全天映画B「星の旅~世界編~」】(45分間)
15時 15時 ★サイエンスショー
(3階サイエンスシアター・20分間)
16時 16時 ★プラネタリウム
【星空案内と宇宙の話題】(45分間)
16時5分 (土日祝のみ)自然のお話会
(2階・20分間)
17時 17時 閉館

休憩やお食事など

  • 飲み物の自動販売機は、1階と5階にあります
  • 喫茶コーナーとミュージアムショップは開館日は営業いたします