ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    鉛製給水管取替工事助成金交付制度について

    • 公開日:2016年3月28日
    • 更新日:2021年7月6日
    • ID:1200

    鉛製給水管の布設替促進を図り、公衆衛生の向上と生活環境の改善を目的として鉛製給水管取替工事助成金交付制度を設けました。
    鉛製給水管を個人負担によりポリエチレン管に取り替える工事(以下「取替工事」という。)に対して、平成28年4月1日から一定要件のもと予算の範囲内で助成します。

    助成金交付対象となる工事について

    助成範囲は配水管等の分岐から水道メータまで

    1. 助成範囲全ての鉛製給水管をポリエチレン管(第1種二層管)に取り替える工事であること(漏水等による部分的な修繕工事や既設の鉛管を撤去するだけの工事は対象となりません。)
    2. 水道メータの口径変更を伴わない工事であること
    3. 水道料金を滞納していないこと
    4. 姫路市水道局指定給水装置工事事業者(以下「指定工事業者」という。)が施行する取替工事であること

    給水装置改造工事申込書に併せて、「鉛製給水管取替工事助成金交付申請書(様式第1号)」(下記添付ファイル参照)を指定工事業者から水道局施設課給水装置担当へ提出してください。
    添付書類 工事費見積書ほか

    助成金額

    取替工事に要した費用の2分の1を助成します。ただし、上限50,000円
    以下の申請・届出についても、指定工事業者から水道局施設課給水装置担当へ提出してください。

    取替工事を変更(中止)しようとするとき

    「鉛製給水管取替工事計画変更(中止)申請書(様式第3号)」(下記添付ファイル参照)を提出してください。
    変更する場合は給水装置改造工事申込書(変更分)に併せて提出

    その他

    朝一番の水は飲み水以外に

    水道局では、水質基準をクリアした安全な水を過程に供給しています。しかし、朝一番や、しばらく水を使わないときは、水が給水管に長時間とどまるため、水中の塩素が少なくなり消毒効果が薄れることがあります。また、昭和53年以前に建築された建物では給水管に鉛管を使用している可能性があり、微量ながら鉛が溶け出している場合もありますので、助成制度を利用してポリエチレン管に取替えたり、使い始めの水道水バケツ1杯程度(約10リットル)は、飲み水以外に使用することをおすすめします。

    お問い合わせ

    水道局施設課庶務担当 079-221-2722
    水道局施設課給水装置担当 079-221-2734

    お問い合わせ

    姫路市役所水道局 水道局施設課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎東館2階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2722 ファクス番号: 079-221-2826

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム