ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    飼い主のいない猫不妊手術助成

    • 公開日:2021年4月1日
    • 更新日:2022年7月21日
    • ID:1568

    不幸な子猫が生まれないように、また、良好な生活環境を保全する地域活動の広がりを促すために、飼い主のいない猫不妊手術費用の一部を助成します。

    事業内容

    助成対象者

    姫路市内に生息する飼い主のいない猫に不妊手術を受けさせその費用を負担できる姫路市内に住所を有する者または本市内に事業所を有する事業者。

    助成金額

    不妊手術対象猫1匹につき、オスの場合5,000円、メスの場合10,000円を限度とする。ただし、実際に不妊手術に要した費用がこれを下回るときは、当該不妊手術に要した額とする。

    申請手続きの流れ(不妊手術前に必ず申請書の提出が必要です。詳しくは動物管理センターまで問い合わせてください。)

    1. 交付申請書提出(申請書は動物管理センター窓口にて配布しております。申請を希望される方は動物管理センターまで事前にご連絡の上来所ください。)
    2. 申請書内容審査
    3. 助成金交付決定
    4. 対象猫の捕獲・不妊手術の実施(交付決定後30日以内) 不妊手術を受けていない猫との識別のために不妊手術を受けた猫は片耳をv字カットすること。またご希望により不妊手術のための捕獲機を貸出します。(在庫に限りがありますので、タイミングによっては貸し出しが出来ない場合もあります。)
    5. 不妊手術実施報告書提出。(不妊手術後30日以内に不妊手術の領収書(原本)等を提出してください。)
    6. 交付確定
    7. 助成金交付(申請者名義の口座に助成金を振り込みます。)

    注意事項

    飼い主のいない猫の不妊手術について地域の理解を深めることが重要であるため、申請前に猫の生息地域の代表者・管理者等に十分な説明をし理解を得てから申請してください。

    その他詳細な注意事項などについては、申請書配布時にご説明します。

    • 1回の申請は、10匹までとします。
    • 申請期間は、令和5年1月10日(火曜日)までとします。ただし、予算額に達した時点で受付終了とします。
    • 助成金交付決定前の不妊手術は対象外となります。

    地域猫活動について

    地域猫活動については、兵庫県の「猫の適正管理普及推進のためのガイドライン」別ウィンドウで開くを参考にしてください。