ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市上下水道モニター

    • 公開日:2016年5月27日
    • 更新日:2022年7月22日
    • ID:1636

    市民の方に水道や下水道に関するモニターとなっていただく制度をご案内しています。

    上下水道モニターを募集します

    上下水道モニター制度とは

    上下水道モニター制度は、上下水道モニターから提供された意見、要望および調査報告書等の結果を水道事業又は下水道事業に反映させることを通じて、市民と親密な相互信頼および協力関係を築き水道事業の円滑な運営を図っていくことを目的として、平成4年度から設けられた制度です。

    活動内容

    施設見学会

    水道事業や下水道事業について認識し、理解を深めていただくため、水道施設や下水道施設、工事現場などを実際に見学していただきます。

    研修会・報告会

    上下水道局との直接対話により、水道事業や下水道事業の現状を認識していただいたり、皆さんの率直なご意見を水道事業や下水道事業に反映させる場として研修会・報告会等を開催します。

    アンケート

    水道事業や下水道事業についての認識度、要望、水の使い方等を把握するため、アンケートをお願いします。

    主な活動内容

    令和3年度の主な活動内容についてご紹介します。

    委嘱式および研修会

    モニター全員に委嘱状が授与されました。
    また、委嘱式に引き続き、研修会を開催して水道事業の概要を説明しました。その後、水道局の各課の業務内容について説明しました。

    第1回施設見学会

    第1回施設見学会は、感染防止対策をとった上で、甲山浄水場の浄水施設および水道資料館と保城浄水場の配水コントロール室および水質検査室を見学しました。

    水のやかたで説明を受ける参加者の様子

    水道資料館では、どのように水道水が作られているかなどの説明を受け、その後、館内を見学しました。

    甲山浄水場を見学している様子

    姫路市内で最も大きい甲山浄水場では、水源となる市川の水の取水口から浄水になるまでの工程を学びました。

    配水コントロール室で説明を受けている様子

    配水コントロール室では、水を安定的に配水するために24時間監視しています。浄水場から家庭までの水の流れ、配水量などが大型スクリーンに写し出され、それを見ながら説明を受けました。

    水質検査室で説明を受けている様子

    水質検査室は、水を安全に家庭まで供給するために多くの検査項目と厳しい基準を定めて検査を行なっています。当日は、検査内容や検査機器などの説明を受けました。また、市販されている水と水道水を飲み比べる利き水を行いました。

    第2回施設見学会

    第2回施設見学会は、甲山低区配水池工事現場や、水道管布設替工事現場を見学しました。

    水道管布設替工事現場の写真

    水道管布設替工事現場では、実際に、水道管を入れ替える作業を見学しました。

    甲山低区配水池工事現場の写真

    甲山低区配水池工事現場では、配水池内の様子などを見学することができました。

    甲山低区第2配水池の屋上の写真

    また、昨年度竣工した甲山低区第2配水池の屋上に上り、近隣を一望し、配水池についての説明を受けました。

    アンケート調査および報告会

    アンケート調査では、水道についての関心事やモニター活動を通して感じたことなど、率直な意見を多数いただきました。
    報告会は、活動の振り返りやアンケート結果の報告を行いました。