ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市障害者グループホーム新規開設サポート事業

    • 公開日:2016年5月12日
    • 更新日:2020年4月1日
    • ID:1669

    障害者総合支援法に基づく指定共同生活援助事業所(グループホーム)を開設する事業者に対し、必要経費の一部を補助します。

    事業概要

    姫路市内におけるグループホームの開設を促進し、障害者の地域生活への移行の推進を図るため、グループホームの新設を行う事業者に対し新設に要する経費の一部を予算の範囲内において助成します。

    補助対象

    障害者総合支援法第29条第1項の規定により姫路市から共同生活援助を行う事業所の指定を受けた者又は指定を受ける見込みの者 

    補助の対象となる経費

    グループホームの新設を行うために要する経費のうち、次の項目にあたるものを助成の対象とします。

    経費一覧表
    区分内容助成対象経費
    1.消防設備整備費 既存建物に設置する消防用設備等の整備のために要する経費消火器、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備、漏電火災警報器、消防機関へ通報する火災報知設備、誘導灯及び誘導標識
    2.バリアフリー等改修経費既存建物のバリアフリー等の改修のために要する経費手すりの取り付け、床段差の解消、滑り防止及び移動円滑化のための床材の変更、引き戸等への扉の取替え、洋式便器への取替え、浴槽の取替え
    3.備品購入費入居者が共同で使用する備品を購入するための経費(当該備品を備え付けるために要する経費を含む。)ただし、入居者が個人的に使用する備品は除く。エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、炊飯器、掃除機、ガスコンロ、IH電磁調理器、電子レンジ
    4.住居借り上げ初期経費アパート、一般住宅等を借り上げるために要する経費。ただし、賃貸借期間の終了に伴い補修分を差し引くなどして返金されるものを除く。住居借り上げに伴う敷金・礼金 

    助成対象の確認は、障害福祉課(079-221-2454)まで問い合わせてください。

    助成金額

    1施設につき生じた経費の実支出額と、下記の基準額のいずれか低い額の2分の1の金額を助成します。(千円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額とします。 )

    助成金額一覧表
    基準額補助率助成金額(上限額)
    1.消防設備整備費および2.バリアフリー等改修経費3,000,000円2分の11,500,000円
    3.備品購入費270,000円2分の1135,000円
    4.住居借上げ初期経費(定員1人あたり)70,000円2分の135,000円

    市の予算の範囲内での助成となるため、希望事業者が多数の場合には助成金額が制限される場合があります。

    手続きの流れ

    下記のフローに沿った手続きが必要になります。

    申請に必要なもの

    • 工事費・備品購入費等の見積書(三者見積)、対象事業にかかる金額が確認できる書類
    • 施設の図面
    • その他、事業の実施の確認のため必要となる書類

    注意事項

    • 申請にあたっては上記のフローおよび交付要綱等を確認いただき、不明な点については障害福祉課(079-221-2454)まで問い合わせてください。
    • 助成対象となる工事等については、必ず姫路市の助成金可否決定通知を受けてから事業着手してください。

    補助要綱の改正について

    消防設備整備費及びバリアフリー等改修経費については工事等着手前、備品購入費については購入前に交付決定を受ける必要がある旨を明確化するため、補助要綱の改正を行いました。(令和2年3月17日施行)

    兵庫県グループホームの県営住宅におけるマッチングについて(兵庫県所管事業)

    兵庫県では障害者の住まいの確保を促進するため、県営住宅等公営住宅を活用したグループホームの開設の支援(マッチング)を行っています。姫路市障害者グループホーム新規開設サポート事業と併用して助成を受けることも可能です。

    お問い合わせ先

    姫路市健康福祉局保健福祉部 障害福祉課(管理担当)
    〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
    電話:079-221-2454 ファクス:079-221-2374