ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    介護保険の財源

    • 公開日:2015年5月8日
    • 更新日:2019年9月18日
    • ID:2577

    介護保険の財源についてご説明しています。

    保険料は大切な財源です

    40歳以上のみなさんが納める保険料は、国や自治体の負担金やみなさんが負担する利用料と合わせて、介護保険を健全に運営していくための大切な財源となります。納付にご協力をお願いいたします。

    介護保険の財源の内訳

    介護保険の財源の内訳一覧表
    負担する人負担割合
    65歳以上の人23%
    40歳以上65歳未満の人27%
    市町村12.5%
    都道府県12.5%
    国(注)調整交付金を含む25%

    (注)調整交付金について
    75歳以上の後期高齢者の比率が高い市区町村や、所得が全国平均よりも低い水準にある市区町村についても、介護保険の財源が不足するということのないよう、調整交付金で格差が調整されます。

    保険料の決め方

    • 第1号被保険者(65歳以上の人)の保険料
      65歳以上の人の保険料は、3年に一度改定しています。改定にあたっては、介護保険事業計画の期間(3年)ごとに次の期間の介護サービスにかかる総費用を推計で算出し、その費用の約23%を、市内に住む65歳以上の人の人数で割った額を基準額としています。
    • 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)の保険料
      40歳以上65歳未満の人の保険料は、加入している医療保険の算定方法により決められます。医療保険料と一括して納めています。

    お問い合わせ

    姫路市役所健康福祉局長寿社会支援部介護保険課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎2階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2445/2447/2449/2923 ファクス番号: 079-221-2925

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム