ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    介護保険料の還付金詐欺にご注意ください

    • 公開日:2019年4月24日
    • 更新日:2021年9月17日
    • ID:2769

    姫路市内において、姫路市役所職員を名乗る不審電話が相次いで発生しています。
    「お金が戻ります」と言われても、絶対に暗証番号を教えてはいけません。お金が戻るどころか、大切な預金が引き出されてしまいます。
    姫路市では、介護保険料を還付する際には、必ず文書(郵便)でお知らせしています。
    介護保険料の還付について確認したいときは、姫路市介護保険課資格保険料担当(電話番号079-221-2445)へ問い合わせてください。

    どんなトラブル?

    高齢者宅に、姫路市役所職員を名乗って電話をかけ、「還付金があります」「振込が完了しました」などと言い、言葉巧みに取引口座と暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをだまし取るというものです。
    また、電話の後、銀行員や郵便局員も登場し、「キャッシュカードが新しくなります。今から局員を向かわせるのでキャッシュカードを渡してください。」と言われたというケースもあります。

    解決策・対処法は?

    電話で市役所などの公的機関の職員を名乗られても、安易に信用しないで! 見ず知らずの人に通帳、キャッシュカードを渡さないで!
    公的機関が還付金を振り込むのに、通帳やキャッシュカードを自宅に取りに行くことはありません。暗証番号を聞くことも絶対にありません。
    また銀行やコンビニのATMに誘導し、操作をさせることはありません。ATM(現金自動預け払い機)に行くよう指示されたら、それは詐欺です。

    高齢者がおられるご家族やお知り合いの人は、被害に遭わないよう注意喚起をお願いします。
    少しでも疑問に感じたら、消費生活センターや警察に相談しましょう。