ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    安全安心パトロールカーの運用

    • 公開日:2012年12月27日
    • 更新日:2022年1月20日
    • ID:4017

    2台の安全安心パトロールカーが通学路を中心としたパトロールを行い、安全安心に関する情報・要望の収集、防犯意識の広報・啓発に努めます。
    パトロールカーには青色回転灯を装備し、パトロール員として警察官OBも乗務します。

    シンボルマーク
    パトロールカー

    左の安全安心シンボルマークは、姫路工業高校デザイン科の生徒さんによるデザインです。

    事業の紹介

    市では、子どもの安全確保や犯罪の未然防止を図るため、18年7月に「安全安心パトロールカー」を2台導入しました。青色回転灯を装備し、車体には市花サギソウと笑顔の子どもをデザインした安全安心シンボルマークが描かれています。警察官OBを含む4人が乗務。主な活動として、通学路を中心とした防犯パトロールのほか、安全安心に関する情報・要望の収集、事案発生時の早急かつ適切な対応などを行っています。

    ボランティアと連携

    家島地域を除く市内全域を10ブロックに分け、青色回転灯を点灯させて、危険個所のパトロールや、特に小学校の下校時を中心とした学校や幼稚園などへの立ち寄り、その周辺の巡回を行っています。
    また、小学校での「スクールヘルパー」や「こども見守り隊」など地域のボランティアの皆さんをはじめ、「安全安心まちづくりサポーター」として防犯活動を行っていただく市民や市内の事業所の皆さんと連携して情報の収集を行い、地域の安全確保に努めています。
    市内では、県警の認定を受けた青色防犯パトロール車で地区内のパトロールを実施している自治会等も増えつつあり、地域の皆さんの防犯意識を啓発するとともに、地域で見守られているという心強さを与えています。

    関連情報