ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    放課後児童クラブの負担金改定について(お知らせ)

    • 公開日:2019年10月17日
    • 更新日:2020年7月7日
    • ID:9517

    改定の経緯

    放課後児童クラブ(以下、「クラブ」)といいます。)については、近年の女性就業率の上昇等による共働き世帯の増加により、全国的に利用ニーズが高まっており、国が策定した「新・放課後子ども総合プラン」においても、より質の高いサービスの確保が求められています。

    このような社会情勢の中、本市では、幅広い年齢の児童が快適かつ安全に過ごすことができるよう、クラブでの生活に必要となる備品や設備の充実、支援員等の増員や資質向上などを進めていますが、これらに係る費用は年々増加しています。

    つきましては、今後のクラブの円滑かつ安定的な運営を図るため、平成17年度より据え置いておりました負担金の額を下記のとおり改定させていただくこととしましたので、お知らせします。

    利用者の皆さんにおかれましては、ご負担が増加することとなり誠に恐縮ではございますが、ご理解及びご協力いただきますようお願い申し上げます。

    負担金の額(児童一人当たり/月額)
    (新)令和2年度から (旧)令和元年度まで 

     7,000円(8月以外)

    10,000円(8月)

    但し、8月は同世帯2人目以降利用の場合は5,000円

     6,000円
    • 令和2年度以降、月の前半(15日まで)又は月の後半(16日以降)のみの利用は、上記金額の半分となります。
    • 令和2年度において、生活保護世帯、就学援助認定世帯に係る減免制度の変更はありません。

    負担金算定の考え方

    負担金の改定は、国が示す「クラブ運営費における利用者負担割合は概ね50パーセント」という考え方を根拠とし、クラブの負担金収入や運営費用の推移、さらに今後のクラブ利用者数や収支の推計などの試算を行い、決定しました。

    令和2年度放課後児童クラブ児童募集の主な変更点について

    「令和2年度放課後児童クラブ児童募集の主な変更点について」のページをご覧ください。