ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    市立学校に在籍する児童生徒の家庭における通信環境整備への支援について

    • 公開日:2020年5月1日
    • 更新日:2020年5月22日
    • ID:12332

    通信環境の整備に助成します!

    新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を受け、市立学校園の臨時休業 を行っています。臨時休業中の家庭学習支援として、各学校から配布したプリントなどの紙の教材を中心とした取組を進めているところです。
    しかしながら、長引く臨時休業に対して、オンラインによる学校からの学習課題の配信や家庭からの学習成果の返信、学習相談等の必要性が高まっています。
    そこで、教育委員会として、これまでの紙の教材を中心とした取組に加え、ICTを活用した家庭学習支援を進めていきます。
    そのために、Wi-Fi環境が未整備の家庭に対し、通信環境整備に係る費用を支援します。

    対象及び内容

    基準日

    令和2年5月1日(金曜日)

    対象者

    次の条件を全て満たす世帯の保護者の方が対象者となります。

    1. 基準日において、家庭にWi-Fi環境が未整備※の姫路市立学校(幼稚園、認定こども園を除く。)に在籍する児童生徒を持つ世帯
    2. 基準日以降に、通信会社と契約される世帯

          ※「家庭にWi-Fi環境が未整備」とは、家庭にインターネットが全くない又はスマートフォンのみの環境であることをいいます。

    対象となる整備内容

    各世帯において、光回線やLTE通信環境(モバイルルータで容量無制限)のWi-Fi環境整備に要する経費(通信費含む。)

    支援する金額

    1世帯あたり1万円を交付します。(ただし、予算の範囲内で実施します。)

    申請の方法

    補助金交付申請書の配布場所

    申請書は、このホームページに掲載していますので、印刷してご利用ください。また、各学校にも申請書を備え付けています。

    申請書の提出先

    申請書に必要事項を記入した上で学校に提出してください。郵送の場合は、学校又は〒670-0935姫路市北条口3丁目29番地 総合教育センター(通信環境整備補助担当)までお送りください。

    申請書の受付期間

    令和2年7月31日(金曜日)まで

    よくある質問とその答え

    (Q1)通信環境の整備とはどういうことですか。

    (A1)光回線やLTE通信環境(モバイルルータで容量無制限)のWi-Fi環境を整備することです。なお、ご家庭において、ADSLやケーブルテレビ、(容量制限や通信速度に関わらず)モバイルルータでインターネットを利用しているなど、スマートフォン以外の通信環境がある場合は、この補助金の対象になりません。

    (Q2)通信環境の整備とは具体的にどうすればいいのですか。

    (A2)光回線の工事やモバイルルータの設置が必要となります。詳しくは、家電量販店や電気通信事業者のNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(ワイモバイル)、UQmobile等に問い合わせてください。

    (Q3)4月30日以前に契約しましたが、補助対象になりますか。

    (A3)令和2年5月1日以降に契約されたものが対象になります。(契約書に契約日の記載が無い場合には、申込日が契約日とみなされますのでご注意ください。)

    (Q4)使用中のモバイルルータは容量制限があり、容量無制限に契約変更することを考えていますが補助対象になりますか。

    (A4)インターネット環境が未整備である家庭への支援を目的とする補助制度のため、乗り換えや通信容量を増やす場合は対象になりません。

    (Q5)タブレットやパソコンの購入も補助対象になりますか。

    (A5)対象になりません。通信環境の整備に係る費用のみが対象です。

    (Q6)ICTを活用した家庭学習支援が始まると、パソコン等が無い家庭の子供は学習機会に差が出るのではないのですか。

    (A6)これまでどおり、学校からプリント等の紙の教材をお配りすることで家庭学習を支援します。並行して、家庭でのICTを活用した学習支援を進めたいと考えておりますので、通信環境の整備をお願いします。

    (Q7)オンライン授業が始まるのでしょうか。

    (A7)今のところ、オンラインで授業を進めることは予定しておりません。

    (Q8)Wi-Fi環境は整備していますが、子供全員分のパソコン等がありません。ICTを活用した学習に向けて、すぐに準備する必要があるのですか。

    (A8)現在、進めているICT機器を活用した学習支援では、双方向によりオンラインで授業の中継を行うものではないため、学習できる時を選びませんので、必ずしも児童生徒1人に端末1台が必要ということではありません。

    (Q9)配信されるジャストスマイルドリルはどのようなものですか。

    (A9)ジャストスマイルドリルは、先生によるオンライン授業ではなく、あくまで家庭学習用のドリルです。書店で販売されている学習ドリルの電子版と考えていただければ結構です。

    (Q10)スマートフォンやモバイルルータの通信容量をアップしたいのですが、支援はありますか。

    (A10)この補助制度では対象としておりません。ただし、電気通信事業者による新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う支援措置として、オンライン授業や各種教育コンテンツの利用等の支援を目的にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(ワイモバイル)、UQmobile等の各社が学生の利用者を対象に追加データの無償提供を実施しています。無償提供される容量、対象となる料金プラン、申し込み方法や対象期間は各社のサイトにてご確認、又は問い合わせてください。

    申請から補助金交付までの流れ

    1. 「補助金交付申請書」を学校等に提出してください。
    2. 姫路市から「補助金交付可否決定通知書」を送ります。
    3. 光回線等を契約し、Wi-Fi環境を整備してください。
    4. 「実績報告書」及び「補助金請求書」(上記2の「補助金交付可否決定通知書」と共に郵送します)を以下の書類と共に提出してください。
      光回線等の契約書の写し(契約者名(申請者)、契約日、契約期間、契約内容が記載されているもの)、光回線等の整備にかかった経費の領収書原本(宛名は申請者の方になります。)
    5. いただいた書類を審査し、内容が適切であれば、補助金を申請者の口座に振り込みます。

    問い合わせ先

    総合教育センター(通信環境整備補助担当) 
    電話番号 079-224-5361(午前9時00分から午後5時00分まで、土曜日・日曜日・祝日を除く)

    申請書の提出先 
    持参:各学校まで
    郵送:学校又は〒670-0935姫路市北条口3丁目29番地 総合教育センター(通信環境整備補助担当)