ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    自主防災組織を対象に令和2年度姫路市地域防災力向上研修(第2回)を実施します(令和2年8月分)

    • 公開日:2020年8月25日
    • 更新日:2020年8月27日
    • ID:13882

    資料提供日

    令和2年8月25日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市危機管理室
    担当者 八杉・大田
    電話番号 079-223-9522

    国の平成30年7月豪雨の検証結果などを踏まえ、地域の事情を踏まえた防災対策の推進を図るため、「災害に対する備え」をテーマとして、防災全般についての講義や実技を実施し、自主防災会の活動を担う地域の防災リーダーの育成を行います。第2回となる今回は、受講者がグループ形式で避難所運営ゲーム(HUG)を行い、避難所運営要領について学びます 。

    開催日時

    令和2年8月29日(土曜日) 午前10時00分から正午まで

    • 当日の午前8時00分時点で、警報などが発令されるなど、災害対応が必要な事案が発生した場合、中止とし、参加者等へ連絡します。なお、上記時刻以降の災害発生については、危機管理室長の判断により対応するものとします。
    • 新型コロナウイルスの感染拡大により、研修を中止せざるをえなくなった場合は、当該講座を中止し、別途関係者へ連絡します。

    開催場所

    姫路市防災センター 5階 多目的ホール他

    実施内容

    避難所運営ゲーム(HUG)

    指導者

    兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 教授 阪本 真由美 氏

    対象者

    • 自主防災会70人程度(各地区連合自主防災会より推薦を受けた方を対象とします。)

    研修の開催に伴う感染症対策

    • 発熱があったり体調のすぐれない受講者には、出席を控えていただきます。
    • 受講者には、各自マスク及びフェイスシールドを着用いただきます。 また、入口にて非接触型体温計で検温を行います。(体温が37.5度以上の方や、体調のすぐれない方は受講を控えていただきます)
    • 受講者には、入り口に準備してある消毒液で、手指の消毒をしていただきます。
    • 座席等の配置には一定の間隔を設けるとともに、研修中には適宜窓を開け、換気を行います。

    避難所運営ゲーム(HUG)とは

    平成19年に静岡県が開発した防災ゲームで、複数のプレーヤーが避難所運営担当者となって協力しながら、避難所に指定されている小学校の体育館や校舎など避難者が生活するスペースに見立てた用紙に避難者カードを配置するとともに、イベントカードなどの避難所の各種課題に対応していくゲームです。ゲーム終了後に、避難者の配置方法やイベントの対処方法などについて話し合いを行い、より良い避難所運営のあり方を検討します。

    しろまるひめ