ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    あいめっせフェスティバル2021講演会の開催について(募集は終了しました)

    • 公開日:2021年9月6日
    • 更新日:2021年12月10日
    • ID:18186

    あいめっせフェスティバル2021講演会は、医師で大阪大学招へい教授の石蔵文信さんを講師に迎え、「『夫源病』『妻源病』~もっと楽にやっていけるパートナーシップって?」をテーマに開催します。

    新型コロナウイルスの感染状況により、中止又は内容が変更になることがあります。

    日時

    令和3年11月13日(土曜日)、午後1時から午後4時00分まで(開場は午後0時30分から)
    講演に先立ち、あいめっせフェスティバルのオープニングセレモニーがあります。講演会後には登録団体によるパフォーマンスがあります。

    場所

    イーグレひめじ3階 あいめっせホール

    内容

    講演テーマ

    『夫源病』『妻源病』~もっと楽にやっていけるパートナーシップって?

    男女が共に生きやすい生き方に関する研究の第一人者である医学博士の石蔵文信さんに、男性と女性が抱えるそれぞれの悩みや男女間のよりよいパートナーシップづくりのためのアイデアなどをわかりやすく講演していただきます。性別にかかわりなく、自分も他者も尊重し、違いを認め合い尊重し合える社会について考えてみませんか。

    「夫源病(ふげんびょう)」とは                                                                         石蔵先生が提唱した「夫のなにげない言動に対する不満や、夫の存在そのものが強いストレスとなり、妻の心身にめまい、動悸、頭痛、不眠等といった更年期障害のような症状が現れる病気」のことで、更年期障害が起こりやすい50歳前後以外の「30代から40代の若い世代や、50代後半から60代の女性にも多く見られる」とされています。この逆で、妻の言動が原因となり夫が不調になる症状「妻源病(さいげんびょう)」もあると言われています。

    講師

    石蔵文信さん(医学博士、大阪大学未来共創センター招へい教授)

    石蔵文信さん

    1955年京都府生まれ。医学博士。国立三重大学医学部卒業後、国立循環器病センター循環器科医師、大阪樟蔭大学教授等を経て、現在は大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授。専門は循環器科、心療内科。全国に先駆け「男性更年期外来」を開設するなど、中高年のメンタルケア、うつ病治療に積極的に取り組んでいるほか、自宅敷地内では男性のための料理教室も開催している。主な著書に『夫源病』『男もつらいよ!男性更年期』『男のうつ;治らなくても働ける』などがある。

    定員

    100人(応募多数の場合は抽選)

    参加費

    無料

    一時保育

    1歳未満のお子様は、親子室で周囲の方々に遠慮することなく、親子一緒に講演を聞くことができます。
    申し込みの際に「親子室利用希望」とお申し出ください。

    • 無料
    • 満1歳から就学前の幼児
    • 事前申し込み必要

    申し込み

    申し込み先

    〒670-0012   姫路市本町68番地290   イーグレひめじ3階
    姫路市男女共同参画推進センター「あいめっせフェスティバル講演会」係
    電話番号:079-287-0803
    ファクス番号:079-287-0805

    チラシ