ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    8か月以上の経過を待たずに3回目接種を実施する場合の考え方について(高齢者施設・通所サービス事業所向け)

    • 公開日:2021年12月10日
    • 更新日:2022年1月1日
    • ID:19635

    新たな変異株の発生等の状況を踏まえ、2回目接種の完了から8か月以上の経過を待たずに3回目接種を実施する場合の接種対象者等について、下記の点に留意し、接種を実施する医療機関と調整してください。

    対象者

    対象者は、以下の通りです。

    • 医療従事者等
    • 高齢者施設等の入所者及び従事者
    • 通所サービス事業所の利用者及び従事者
    • 病院及び有床診療所の入院患者

    具体的な範囲は下記資料をご確認ください。

    優先順位

    医療従事者等への接種及び重症化のリスクが高い入所者が多い高齢者施設等における接種を優先してください。

    接種時期

    2回目接種後、6か月以上経過後

    接種券到着前の接種について

    接種券は、下記の「接種券の発送時期・接種時期の目安」のスケジュールに沿って発送します。
    接種券到着前に3回目接種を希望する場合は、下記の「例外的な取扱として接種券が届いていない追加接種対象者に対して新型コロナワクチン追加接種を実施する際の事務運用について」及び「接種券が届いていない追加接種対象者に対して接種を実施する場合の具体的な事務運用」の内容に従い実施してください。

    高齢者施設・通所サービス事業所においては、特に、被接種者の接種券一体型予診票のとりまとめ及び転記を実施いただきますようお願いします。

    接種実施医療機関との調整

    高齢者施設等や通所サービス事業所が、接種実施医療機関に対して、3回目接種の実施を依頼する場合は、上記の点に留意し、医療機関と調整いただきますようお願いします。