ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    新型コロナウイルス感染症と診断された方・濃厚接触者の方へ

    • 公開日:2022年2月1日
    • 更新日:2022年12月2日
    • ID:19958

    喉の痛みや発熱などの症状が出たら…

    • 65歳以上の方や基礎疾患がある方(注)、妊娠している方などは受診が必要です。また、お子さんや受診を希望される方についてもかかりつけ医または発熱外来にまずは電話でご相談ください。
    • 相談先の医療機関がない方は「姫路市発熱等受診相談センター」に電話でご相談ください。

    (注)
    重症化リスクがある方とは、糖尿病・がん・慢性腎臓病・脳血管疾患・慢性呼吸器疾患・高血圧・脂質異常症・心血管疾患等の疾患及び免疫機能の低下の可能性がある方 です。
    なお、上記の重症化リスクについては、一般的な説明となります。
    最終的には、診察(電話による聞き取り等のリモート診察も含む)を行う医師が重症化リスクの確認を行い、判断します。
    まずは、電話にて医療機関に相談の上、医師の指示に従ってください。



    症状が軽く、下記に該当する方は、医療機関を受診せず、抗原定性検査キットを用いてセルフチェックをしてください。

    • 65歳未満の方
    • 重症化リスクを有しない方
    • 妊娠していない方


    検査キット等の検査で陽性となった方へ

    有症状者等が抗原定性検査キットなどを用いて自ら検査して陽性となった方は、検査を受けた日から7日以内に、こちらの申請フォームより申請してください。

    「検査キット等陽性患者登録」 申請フォーム別ウィンドウで開く

    • 自宅療養者の方には、申請日の翌日以降に順次、保健所からSMSを送信します。(翌々日を過ぎても送信のない場合にはご連絡ください。)
    • SMSを受信された方は本ページの「療養期間について」を参考に、自宅療養をしてください。
    • 自宅療養の療養期間は、発症日(症状が出た日)の翌日から7日間となります。
    • 無症状の方は、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能になります。

    姫路市以外で療養される方は、居住地の保健所等のホームページ等で登録先についてご確認ください。

    新型コロナウイルス感染症と診断された場合

    医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断された方で、下記のいずれかに該当する方は医療機関からの発生届出の対象(届出対象者)となります。

    • 65歳以上の者
    • 入院を要する者
    • 重症化リスクがあり、かつ新型コロナウイルス治療薬の投与又は、新たに酸素投与が必要と医師が判断する者
    • 妊婦

    届出対象者の方へ

    届出対象者の方については「医療機関からの発生届」をもとに、保健所から電話で連絡をし、体調確認など状況の聞き取りを行います。

    その後、自宅療養者の方には、原則翌日以降に保健所からSMSを送信します。(翌々日を過ぎても送信のない場合にはご連絡ください。)

    SMSを受け取られた方は、健康観察アプリ「My HER-SYS(マイハーシス)」に登録し、自らの健康状態を確認していただきます。

    届出対象ではない方へ

    医療機関で、新型コロナウイルス感染症と診断された方で、医師から保健所に申請をするよう指示を受けた方(届出対象者ではない方)は、すみやかにこちらの申請フォームより申請してください。

    「感染患者の登録」 申請フォーム別ウィンドウで開く

    • 自宅療養者の方には、申請日の翌日以降に順次、保健所からSMSを送信します。(翌々日を過ぎても送信のない場合にはご連絡ください。)
    • 自宅療養の療養期間は、発症日(症状が出た日)の翌日から7日間となります。「療養期間について」を参考に、自宅療養をしてください。
    • 無症状の方は、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能になります。

    姫路市以外で療養される方は、居住地の保健所等のホームページ等で登録先についてご確認ください。

    療養期間について

    新型コロナウイルス感染症による療養期間は、発症日(無症状の方は検体採取日)の翌日から7日間となります(入院中又は高齢者施設入所中の方は10日間)。

    また、無症状の方は、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能になります。

    現状は、全例がオミクロン株によるもので、

    • 感染可能な量のウイルス排出期間が従来株に比較して短いこと
    • 従来株に関する報告によれば発症翌日から5日ないし6日経過後には2次感染を認めないこと(参考文献参照)
    • 7日経過後の発熱者に対して保健所で実施した胸部X線検査では間質性肺炎(いわゆるコロナ肺炎)を認めないこと
    • これらに加えて、既にイギリス、オーストラリアにおいては、隔離期間が7日間とされており、アメリカ、カナダにおいては5日間とされていること

    などから、 他者への感染リスクがあり隔離が必要な療養期間は、上記の取り扱いとします。

    ただし、免疫不全がある方など健康状態により期間延長もありますので、保健所の指示に従ってください。入院の場合、コロナ病床の主治医が総合的に判断します。

    なお、8日目以降にも発熱が残存する場合がありますが、ほとんどの場合、新型コロナそのものによる重症化ではなく、高齢者の場合には誤嚥性肺炎や尿路感染症が、若年者の場合でも細菌性の肺炎や咽頭炎などが想定されますので、速やかにかかりつけ医にご相談ください。咳については、感染性とは関係なく比較的長期間にわたって残存する場合があります。

    また、8日目以降においては、2次感染は証明されていないものの、10日目まではウイルスが排泄されている場合があるため、マスク着用をお願いします。

    保健所から療養終了日の連絡は行っていません。出勤については職場の指示に従ってください。

    参考文献

    • Cheng HY, Jian SW, Liu DP, et al. Contact Tracing Assessment of COVID-19 Transmission Dynamics in Taiwan and Risk at Different Exposure Periods Before and After Symptom Onset. JAMA Intern Med. 2020;180(9):1156-1163. doi:10.1001/jamainternmed.2020.2020
    • Bernal JL, Panagiotopoulos N, Byers C, et al. Transmission dynamics of COVID-19 in household and community settings in the United Kingdom. medRxiv 08.19.20177188; doi:10.1101/2020.08.19.20177188

    自宅療養について

    下記の「自宅療養者のフォローアップガイド」に、ご自宅で過ごしていただく期間中に、ご自身が気を付けること、知っていただきたいことをまとめていますので、ご確認ください。

    療養中は、原則、健康観察アプリ「My HER-SYS(マイハーシス)」のツールを使い、自らの健康状態を確認していただきます。

    下記の健康観察アプリ「My HER-SYS(マイハーシス)」をご確認ください。

    療養期間中に体調が悪化された場合は、「自宅療養者の体調不良専用ダイヤル」へ連絡してください。

    自宅療養者の体調不良専用ダイヤル 079-289-1888

    月曜日から土曜日:午前9時00分から午後7時00分まで

    日曜日・祝日:午前9時00分から午後5時00分まで

    熱や咳でお困りの方へ(症状緩和のために)

    オミクロン株による症状の主なものには、発熱や咽頭痛、咳などがあります。

    これらの症状でつらい場合には、まずかかりつけ医にご相談いただくことをお勧めします。しかし、かかりつけ医をもたれていない方や休日で連絡がつかないなどの場合には、市販の内服薬でもある程度の症状の緩和が期待できます。

    発熱には、アセトアミノフェンやロキソプロフェンナトリウム、咽頭痛にはトラネキサム酸、咳にはリン酸コデインが効果的です。

    いずれも薬局で購入可能な医薬品ですが、アレルギーなどの副作用や他の内服薬との併用に注意が必要な場合がありますので、普段飲んでいる薬を確認した上で必ず薬剤師と相談してください。

    なお、ここで挙げた薬品名は一般名ですので商品名とは異なります。

    宿泊施設での療養について

    入院医療費について

    新型コロナウイルス感染症に感染した場合、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき、入院中の治療にかかる医療費については、全部又は一部を公費で負担します。令和4年9月26日以降、手続きの流れに変更があります。

    療養期間に関する通知書について

    令和4年11月30日をもって、保健所による療養通知書の発行請求受付は終了しました。証明を必要とされる場合は、健康観察アプリ「My HER-SYS(マイハーシス)」での療養証明書の表示や医療機関で実施された検査結果の書類等で対応をお願いします。


    「My HER-SYS(マイハーシス)」で療養証明書が表示できる方

    • 令和4年9月25日以前に新型コロナウイルス感染症と診断された方
    • 令和4年9月26日以降に新型コロナウイルス感染症と診断され、かつ発生届出対象の方


    (届出対象者)

    • 65歳以上の者
    • 入院を要する者
    • 重症化リスクがあり、かつ新型コロナウイルス治療薬の投与又は、新たに酸素投与が必要と医師が判断する者
    • 妊婦


    国の方針に基づき、令和4年9月26日以降に新型コロナウイルス感染症と診断された方で、上記の届出対象者に該当しない方は、「My HER-SYS(マイハーシス)」での療養証明書の表示はできません。

    新型コロナ感染症の療養後も続く症状(いわゆる後遺症)について

    新型コロナ感染症にかかった後、感染性がなくなったにもかかわらず、療養中にみられた症状が続いたり、新たに症状が出現したりするなど、後遺症としてさまざまな症状がみられる場合があります。

    よくみられる症状

    • 倦怠感
    • 味覚・嗅覚異常
    • 発熱
    • 息苦しさ
    • せき
    • 抜け毛 など

    新型コロナ感染症の回復後も症状が続く場合は、まずは地域のかかりつけ医等の医療機関へご相談ください。

    かかりつけ医等がない場合は、保健所等の相談窓口をご利用ください。

    • 姫路市発熱等受診・相談センター
      電話番号:079-289-0055
    • 保健所防疫課
      電話番号:079-289-0066
    • 中央保健センター
      電話番号:079-289-1654
    • 中央保健センター北分室
      電話番号:079-265-3075  
    • 中央保健センター安富分室
      電話番号:0790-66-2921 
    • 南保健センター
      電話番号:079-235-0320
    • 南保健センター家島分室
      電話番号:079-325-1428
    • 西保健センター
      電話番号:079-236-1473
    • ひょうご新型コロナ後遺症相談ダイヤル
      電話番号:078-362-9278

    労働全般についての相談は、労働、雇用相談のご案内

    仕事探しやくらしの困りごとの相談は、くらしと仕事の相談窓口

    罹患後症状や対応について詳しく知りたい方は、兵庫県ホームページ「新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる遷延症状又は後遺症)について別ウィンドウで開く」をご覧ください

    家庭内における感染対策について

    ご家族や同居人がいる場合は、感染拡大を防ぐため、部屋を分けるなど接触頻度を減らすようにしてください。

    • 部屋を分けて、同居の方との接触を最小限にしましょう。
      (患者さんは療養期間中に外出をしないでください)
    • 部屋から出る時、同居の方と会話をする時、トイレ・浴室など共用スペースに入る時は、 手洗いあるいはアルコール消毒を行い、マスクを着用してください。
    • 洗面所、トイレ等を共用する場合は、十分な清掃と換気を行いましょう。入浴はご本人が最後にするようにしましょう。
    • 患者さんのお世話をする場合は、同居の方に感染を広げないためにも、特定の方が行うよう にしてください。重症化リスクがある人は避けてください。
    • 患者さん、同居の方どちらもマスクを着用しましょう
    • こまめに手を洗いましょう
    • こまめに換気をしましょう
    • よく触れる共用部分を掃除・消毒しましょう
    • ゴミは各自で小袋等に入れ、他の家族が直接触れないようにしましょう。

    濃厚接触者の方へ

    濃厚接触者とは

    主に、家族等、患者と同居している方を濃厚接触者として特定しています。

    濃厚接触者の方の健康観察について

    自宅待機期間は、原則、陽性者との最終接触日(自宅内で感染対策を講じた日)を0日目として、5日間(6日目に解除)となります。

    また、2日目及び3日目に抗原定性検査キットで陰性確認後、3日目の陰性確認直後から解除が可能です。

    ただし、上記いずれの場合であっても、7日間を経過するまでは、検温などご自身で健康観察を行うようにしてください。

    自宅待機期間中に有症状となった場合

    • 自宅待機中に有症状となった方で、届出対象者の方は、かかりつけ医又は発熱外来にご相談ください。
    • 届出対象者については本ページ上部の「新型コロナウイルス感染症と診断された場合」をご参照ください。
    • 自宅待機中に有症状となった方で、届出対象者ではない方は、抗原検査キットを用いてセルフチェックを行ってください。
    • 届出対象者ではない方で検査キットでの検査結果が陽性だった場合は、こちらの申請フォームから申請し、自宅療養をお願いします。
      「検査キット等陽性患者登録」 申請フォーム別ウィンドウで開く
    • 自宅療養期間を過ぎてから症状が出てきた場合は、かかりつけ医又は発熱外来にご相談ください。


    各種申請フォーム

    下記の申請フォームからの申請は、姫路市に居住している方に限ります。

    また、65歳以上の方、妊娠している方などは電子申請の対象とならず受診が必要です詳しくは本ページ上部の「喉の痛みや発熱などの症状が出たら…」をご参照ください。

    • 自宅療養者の方には、申請日の翌日以降に順次、保健所からSMSを送信します。(翌々日を過ぎても送信のない場合にはご連絡ください。)
    • SMSを受信された方は本ページの「療養期間について」を参考に、自宅療養をしてください。
    • 自宅療養の療養期間は、発症日(症状が出た日)の翌日から7日間となります。
    • 無症状の方は、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能になります。

    姫路市以外で療養される方は、居住地の保健所等のホームページ等で登録先についてご確認ください。

    姫路市以外で療養される方はこちらをご参照ください。別ウィンドウで開く

    コロナに関するよくあるお問い合わせ

    参考