ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    住民税非課税世帯等に対する緊急支援給付金(電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金)について

    • 公開日:2022年9月28日
    • 更新日:2022年11月29日
    • ID:22221

    電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい低所得世帯(住民税非課税世帯等)に対して、緊急支援給付金(1世帯あたり5万円)を支給します。

    既に受付けを終了しております令和3年度又は令和4年度の「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯あたり10万円)」を受給された世帯であっても、本給付金の支給要件を満たしている場合は支給対象となります。

    また、下記の内容は現時点での予定であり、今後、変更になる場合がありますのでご了承ください。

    1.支給対象

    下記(1)、(2)の世帯の世帯主(生活保護世帯も対象です)。

    (注)住民税非課税世帯分、家計急変世帯分を重複して受給することはできません。

    (1)住民税非課税世帯

    令和4年9月30日(以下「基準日」といいます。)時点で姫路市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯

    (2)家計急変世帯

    上記の「令和4年度住民税非課税世帯」以外の世帯のうち、予期せず(注)令和4年1月から令和4年12月までの家計が急変し、同一の世帯に属する者全員が令和4年度分の住民税が非課税である世帯と同様の事情にあると認められる世帯

    (注)「予期せず」に該当しない場合

    定年退職による収入の減少、年金が支給されない月の収入の減少、事業活動に季節性があるもので元々収入が得られない月の収入等、当該月に収入がない又は減収することがあらかじめ明らかである場合は「予期せず」に該当しません。

    支給対象外となる世帯

    住民税非課税世帯及び家計急変世帯ともに、租税条約の適用により住民税が免除されている者がいる世帯及び住民税が課税されている者の扶養親族等(注)のみで構成されている世帯は本給付金の支給対象外です。
    (注)「扶養親族等」には、地方税法の規定による青色事業専従者及び事業専従者が含まれます。

    令和4年度住民税は令和3年中の情報となりますので、当時の扶養状況等についてご不明な点があればご親族様にご確認ください。

    【対象外となる世帯の例】

    • 令和3年中は親(課税)に扶養されていた、新社会人(非課税)のみの世帯
    • 親(課税)に扶養されている大学生の子(非課税)の単身世帯
    • 子(課税)に扶養されている親(非課税)のみの世帯
    • 専従主(課税)の専従者(非課税)のみの世帯 等

    ただし、基準日(家計急変世帯については申請日)時点で配偶者やその他親族からの暴力等により避難している世帯、令和4年度住民税において扶養者であった配偶者と離婚している世帯については、申請により本給付金を受給できる場合があります。詳しくは、下記の「5.申請により受給できる場合がある世帯」をご確認ください。

    2.支給額

    1世帯あたり5万円

    3.住民税非課税世帯

    (1)市が要件確認書を送付する世帯

    支給対象と思われる世帯には、要件確認書を11月10日から順次発送しています。

    内容をご確認いただき、令和5年1月31日(当日消印有効)までにご返送ください。

    なお、大量に発送しますので、到着までにお時間がかかる見込みです。お待たせして申し訳ありませんが、しばらくお待ちいただきますようお願いします。

    ≪注意≫
    世帯の中に(単身世帯の場合は世帯主が)、【令和4年1月2日以降に他の市区町村から転入し、令和4年度住民税において被扶養者である方】がいる世帯は、申請が必要な場合があります。
    詳しくは下記の「(2)申請が必要な世帯」をご確認ください。

    提出にあたっての確認事項(お願い)

    要件確認書に記入していただく内容のうち、『確認欄』のチェック(「お知らせ」内のBに該当する部分)及び『世帯主氏名』、『確認日』、『連絡先電話番号』の記入(「お知らせ」内のCに該当する部分)につきましては、本給付金を受給していただくためには必ず記入していただく必要があります。提出される前に、記入漏れがないかご確認ください。なお、ご提出いただいても、審査等により支給できない場合がありますのでご了承ください。

    要件確認書の注意事項

    (2)申請が必要な世帯

    世帯の中に(単身世帯の場合は世帯主が)、【令和4年1月2日以降に他の市区町村から転入し、令和4年度住民税において被扶養者である方】がいる世帯は、申請が必要な場合があります。

    申請書の入手方法については、下記の「6.申請書類」から印刷していただくか、コールセンターまでご連絡いただくと郵送いたします。
    提出先については「7.提出先(郵送先)」をご確認ください。

    申請に必要な書類(ご提出いただいた書類は返却できませんのでご注意ください)

    1.  『住民税非課税世帯等に対する緊急支援給付金申請書(請求書)【申請を必要とする世帯の場合】』(様式第2号-1)
    2. 『申請・請求者の本人確認書類の写し』
      申請・請求者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(顔写真のある面のみ)、年金手帳、介護保険証などいずれか1点の写しをご用意ください。
    3. 『振込口座を確認できる書類の写し』
      通帳やキャッシュカードの写し等、振込口座の金融機関コード、支店コード、口座番号、口座名義人(カナ)が確認できる部分の写しをご用意ください。
    4. 『令和4年度住民税非課税証明書の写し』(令和4年1月1日時点の住所が姫路市でない方全員分)
      令和4年1月1日時点でお住まいの市区町村が発行する住民税非課税証明書の写しをご用意ください。
      なお、令和3年中の収入がなく、住民税の申告をされていない方は不要です。

    提出(申請)期限

    令和5年1月31日(火曜日)当日消印有効

    令和5年1月31日(当日消印有効)を過ぎますと受給できませんのでご了承ください。

    給付時期

    現在、多数の要件確認書をご返送いただいており、給付までに下記以上のお時間をいただく場合があります。
    給付に向けて順次手続きを進めておりますので、大変申し訳ございませんがしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

    • 要件確認書の場合
      市が要件確認書を受理してから3から4週間後が目安です。
    • 申請書の場合
      審査に時間を要しますので、市が申請書を受理してから1から2か月後が目安です。

    なお、返送のあった件数により前後する場合がありますので、ご了承ください。
    ご提出いただいた書類に不備があった場合は、不備が解消してから2から3週間後が目安です。

    4.家計急変世帯

    支給要件

    以下の1から3のすべてを満たす必要があります。

    1. 予期せず収入が減少していること
    2. 世帯全員の令和4年1月から同年12月までの収入見込額等が住民税非課税相当(下記早見表参照)であること
    3. 住民税が課税されている者の扶養親族等のみで構成されている世帯ではないこと
    姫路市における住民税非課税相当収入及び所得早見表
    扶養等の状況 非課税相当収入限度額  非課税相当所得限度額
     単身又は扶養親族がいない場合1,000,000円450,000円
     配偶者や子などの親族を1名扶養している場合1,560,000円1,010,000円
     配偶者や子などの親族を2名扶養している場合2,057,000円1,360,000円
     配偶者や子などの親族を3名扶養している場合2,557,000円1,710,000円
     配偶者や子などの親族を4名扶養している場合3,057,000円2,060,000円
     障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合
    (右記の金額を超える場合は、上記の被扶養者の人数に応じた区分を適用します。)
    2,043,000円1,350,000円

    判定基準

    1. 世帯の状況は、申請日時点で判定します。
    2. 収入の種類は、給与収入、公的年金等収入、事業収入、不動産収入により判定します。
    3. 世帯全員の令和4年1月から同年12月までの収入見込額等について、下記の(a)又は(b)のいずれかにより判定します。
      (a) 令和4年1月から同年12月までの任意の1か月の収入を12倍した1年間の収入見込額
      (b) (a)から事業収入等の経費を引いた1年間の所得見込額

    必要書類(ご提出いただいた書類は返却できませんのでご注意ください)

    1. 『住民税非課税世帯等に対する緊急支援給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)』(様式第3号-1)
    2. 『簡易な収入(所得)見込額の申立書』(別紙様式第3号-1関係)
    3. 「任意の1か月の収入(令和4年1月から同年12月まで)」の状況を確認できる書類の写し
      申立てを行う収入に係る給与明細書、年金振込通知書等の収入額がわかる書類、事業収入、不動産収入に係る経費の金額のわかる書類(帳簿等)を添付してください。
    4. 『申請・請求者の世帯の状況を確認できる書類の写し(申請日時点の世帯構成員と同一のもの)』
      申請・請求者の世帯の状況を確認できる住民票の写しをご用意ください。
    5. 『申請・請求者の本人確認書類の写し』
      申請・請求者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(顔写真のある面のみ)、年金手帳、介護保険証などいずれか1点の写しをご用意ください。
    6. 『振込口座を確認できる書類の写し』
      通帳やキャッシュカードの写し等、振込口座の金融機関コード、支店コード、口座番号、口座名義人(カナ)が確認できる部分の写しをご用意ください。
    7. (令和4年1月1日以降、複数回転居した方のみ)『戸籍の附票の写し』

    ≪注意≫

    • その他、世帯の状況により追加資料の提出が必要な場合があります。
    • ご準備いただく書類によっては、発行手数料等が生じる場合があります。申請していただいた結果、支給対象外となった場合でも、ご負担いただいた発行手数料等は返金できませんのでご注意ください。

    臨時特別給付金(家計急変世帯分)を令和4年1月以降の減収により受給した世帯

    住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)について、令和4年1月以降の減収により姫路市に申請し受給した世帯は、臨時特別給付金(家計急変世帯分)を申請した時点と世帯状況が同じであれば、本給付金の申請に必要な書類を一部省略することができます。

    本給付金の振込みを希望する口座によって必要書類が異なりますので、下記をご確認ください。


    【臨時特別給付金と同じ口座に振込みを希望する場合の必要書類】(1点)

    • 上記1.『住民税非課税世帯等に対する緊急支援給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)』(様式第3号-1)

    【臨時特別給付金と異なる口座に振込みを希望する場合の必要書類】(3点)

    • 上記1.『住民税非課税世帯等に対する緊急支援給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)』(様式第3号-1)
    • 上記5.『申請・請求者の本人確認書類の写し』
      申請・請求者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(顔写真のある面のみ)、年金手帳、介護保険証などいずれか1点の写しをご用意ください。
    • 上記6.『振込口座を確認できる書類の写し』
      通帳やキャッシュカードの写し等、振込口座の金融機関コード、支店コード、口座番号、口座名義人(カナ)が確認できる部分の写しをご用意ください。

    提出(申請)期限

    令和5年1月31日(火曜日)当日消印有効

    令和5年1月31日(当日消印有効)を過ぎますと受給できませんのでご了承ください。

    給付時期

    審査に時間を要しますので、市が申請書を受理してから1から2か月後が目安です。

    なお、申請のあった件数により前後する場合がありますのでご了承ください。
    ご提出いただいた書類に不備があった場合は、不備が解消してから2から3週間後が目安です。

    5.申請により受給できる場合がある世帯

    (1)配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している世帯

    基準日(家計急変世帯については申請日)時点で、配偶者やその他親族からの暴力等により他の市区町村に住民登録をしたまま姫路市に避難されている方も、支給対象世帯に該当すれば姫路市から本給付金を受け取ることができる場合があります。

    申請には避難中であることの証明書等が必要になりますので、詳しい内容や要件については、下記のコールセンターまで問い合わせてください。

    姫路市に住民登録をしたまま他の市区町村に避難されている方は、避難先の市区町村等に問い合わせてください。

    (2)令和4年1月1日以降に配偶者(扶養者)と離婚した世帯

    令和4年1月1日から基準日(家計急変世帯については申請日)までの間に、令和4年度住民税において扶養者であった配偶者と離婚し、別世帯となっている場合は、元配偶者の扶養にかかわらず、支給対象世帯に該当すれば姫路市から本給付金を受け取ることができる場合があります。

    申請が必要ですので、住民税非課税世帯分、家計急変世帯分のいずれもそれぞれの申請に必要な書類に加え「離婚日がわかる戸籍謄本等の写し」を添付して申請してください。

    支給対象世帯に該当するか分からない等、ご不明な点がございましたら下記のコールセンターまで問い合わせてください。

    6.申請書類

    申請書類は以下の場所で配布しています。

    • 【住民税非課税世帯分(申請が必要な世帯)】
      緊急支援給付金相談窓口(姫路市役所北別館1階)のみ
    • 【家計急変世帯分】
      緊急支援給付金相談窓口(姫路市役所北別館1階)、駅前市役所、各地域事務所、各支所等

    また、下記からも印刷してご利用いただけます。

    7.提出先(郵送先)

    〒670-8501
    姫路市安田四丁目1番地 北別館
    姫路市役所 生活援護室 緊急支援給付金係 行

    8.よくあるお問い合わせ

    下記によくあるお問い合わせをまとめましたので、参考にしてください。(11月29日更新)

    9.お問い合わせ先

    姫路市緊急支援給付金相談窓口

    • 場所
      姫路市安田四丁目1番地 姫路市役所北別館1階
    • 受付時間
      午前9時00分から午後5時00分まで(土曜日・日曜日・祝日、12月29日から1月3日を除く)
      (受付時間は変更になる場合があります)

    姫路市緊急支援給付金コールセンター

    提出(申請)開始直後はお問い合わせが集中し、お電話がつながりにくい場合があります。
    ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、再度おかけ直しいただきますようお願いいたします。

    • 電話番号
      079-221-1502
    • 受付時間
      午前8時35分から午後5時20分まで(土曜日・日曜日・祝日、12月29日から1月3日を除く)
      (受付時間は変更になる場合があります)

    内閣府コールセンター

    一般的な制度概要につきましては、内閣府のコールセンターに問い合わせてください。

    • 電話番号
      0120-526-145
    • 受付時間
      午前9時00分から午後8時00分まで(土曜日・日曜日・祝日、12月29日から1月3日を除く)

    各種給付金の給付をよそおう不審な訪問・電話にご注意ください

    姫路市や内閣府などが、下記のことを行うことは絶対にありません。

    • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
    • 受給にあたり、手数料の振込みを求めること
    • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること

    姫路市や内閣府などの職員を名乗る「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください。