ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

《 姫路発 》お城からの手紙

2020 winter vol.82

EVENT&INFORMATION

新型コロナウイルスの影響により、イベントを中止・延期したり、施設を休館したりしている場合がありますので、事前にお問い合わせいただくかホームページ等でご確認ください。

hitotose

姫路城フォーシーズン ファンタジア

姫路城を舞台に季節の移ろいをダイナミックな光で表現し、一年(ひととせ)を振り返ります。会場内をLEDやスモーク、バルーン、音楽などで演出するほか、ARを駆使した花火などとのコラボレーションもお楽しみいただけます。

日程
12月18日(金曜日)から27日(日曜日)まで
午後5時30分から午後9時まで(予定)
場所
姫路城三の丸広場
hitotose・姫路城フォーシーズンファンタジアの写真

梅花展

いち早く春を感じる

姫路城を借景にした日本庭園・好古園で開催される姫路の春を一番に告げる恒例イベント。さまざまな品種の梅の盆栽や梅を中心とした築山を展示。園内各所でもシダレウメやカンコウバイなど色とりどりの梅の花が楽しめます。

日程
2021年2月21日(日曜日)から3月14日(日曜日)まで
場所
姫路城西御屋敷跡庭園 好古園
梅花展写真01
梅花展写真02

バッハのすゝめ ~オール・バッハ・プログラム~

バロックin姫路

楽曲が作曲された当時に使われていた楽器(ピリオド楽器)を用いて奏でるバロック音楽。バッハの伝道師ともいえる名手が至極の音楽をお届けします。

日程
2021年1月31日(日曜日)午後2時から
場所
パルナソスホール
鈴木秀美写真
若松夏美写真
大塚直哉写真

(左)鈴木秀美/バロック・チェロ
(中央)若松夏美/バロック・バイオリン
(右)大塚直哉/チェンバロ

世界のクリスマス

オーナメントや人形に心ときめく

クリスマスツリーの飾りや降誕人形など、クリスマスにまつわるさまざまな玩具を紹介する恒例の展覧会。今年は、ヨーロッパを代表するおもちゃ王国であるドイツのクリスマス飾りを中心に世界各国の飾りを楽しめます。

日程
11月7日(土曜日)から2021年1月17日(日曜日)まで
場所
日本玩具博物館
クリスマスオーナメント人形写真

没後60年記念 歌人岸上大作展

60年安保世代の青春の象徴

今も哀惜され続けている夭(よう)折の歌人・岸上大作(1939-1960 福崎町生まれ)。没後60年を記念し、その21年の人生と昭和短歌史に残した足跡を岸上大作が残した資料により、浮き彫りにします。

日程
12月5日(土曜日)から2021年3月21日(日曜日)まで
場所
姫路文学館
歌人岸上大作展写真

絵そらごとの楽しみ―江戸時代の絵画からー

特別企画展

江戸時代の絵画に描かれる季節や風景、人や生き物には、現実とは異なるイメージが重ねられたり、当時の人にとって理想的な姿が投影されたりすることがありました。絵の中に隠された当時の「絵そらごと」を読み解き、作品をより深く楽しむことのできる企画展です。

日程
2021年1月30日(土曜日)から3月21日(日曜日)まで
場所
兵庫県立歴史博物館
江戸時代の絵画写真

石田幽汀「四季風俗図屏風」(部分) 江戸時代
兵庫県立歴史博物館蔵