ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

《 姫路発 》お城からの手紙

2020 winter vol.82

妄想ロケーション Presented by Himeji FC

映画やドラマの舞台となるメインロケ地は、キャストを輝かせ、物語の世界観を広げる作品の顔ともいえます。
個性豊かな“主役級のロケ地”をご紹介します。

今回のロケ地

EN(エン) HALV(ハルヴ)(姫路ビジネスビル)
姫路市北今宿2丁目4-41 姫路ビジネスビル5F-B
アクセス:JR姫路駅から車で10分

老舗セレクト雑貨店の記念イベント。次期オーナーを任されると期待していたヒロイン

だったが、現れたのは、憧れていた有名プロダクトデザイナー!?突然の出来事に複雑な

心境になるヒロインを描きます。

雑貨店。中。(昼)L:エンハルヴ オーナー「この店も20周年。長く続けてこられたのも、ひとえに支えてくださった皆さまのおかげです。」 瞳子 拍手。 常連客「おめでとう!」 オーナー「ここまでこられたのも瞳子さんのおかげだよ。」 瞳子「そんなことないです。」20周年パーティーも終盤に。 雑貨店。中。(夕)L:エンハルヴ オーナー「え~私は今日で引退しようと思う。みんなありがとう。」 常連客 一同驚き。 瞳子 涙を拭う。 オーナー「ここで新しいオーナーを紹介しよう。」 瞳子 期待のまなざしでオーナーの方を向く。 オーナー「逆瀬川君だ。入ってくれ。」 瞳子「え…?(振り返る瞳子)」 オーナー「私の一番弟子だ。」 常連客「YU・SAKASEGAWAじゃない?(ざわざわ)」逆瀬川「皆さん、はじめまして。逆瀬川です。」 瞳子「え~~!!(慌てて口を塞ぐ)」 店舗アンドデザイン事務所として撮影できるのが魅力♪

EN HALV店内写真

owner comment

ドアの向こうは、旅する雑貨店
EN HALVは、スウェーデン語で2分の1。“分かち合い喜び合える場所に”との思いを込めています。実際に現地でセレクトした北欧ブランド・プロダクトとお客さまの素敵な出会いを大切にし、北欧の空気をお伝えできるよう心掛けています。北欧デザインやビンテージアイテムを映画やドラマのセットの一部とした撮影はいかがでしょうか。

ビンテージ写真 夕陽写真 レトロな複合ビル

  1. 暮らしになじむスタイリッシュなデザインのビンテージがそろう
  2. 隣のビルに映る夕日が美しい。また、四季折々の風景が楽しめる
  3. 築50年のレトロな風貌が魅力の現役・複合ビル


■ロケに関することは姫路フィルムコミッションへ!