ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

現在位置

 

あしあと

 

    FAQ

    保育所に行くようになって、保育所でのことをよく話してくれるのですが、時々うそを言っている時があります。やめさせたいのですがどう言えばいいでしょう?(3歳4か月)

    • 更新日:2020年3月24日
    • ID:1279

     

    回答

    子どもさんは保育所で友達と遊んだことや、経験したことをいっぱいお母さんに聞いてもらうのが楽しいようです。お母さんもいろいろお話してくれるとうれしいですね。

    子どもはこの時期、想像力がたくましくなってきます。自分の周りと空想の区別がつかず時間の経過と共に忘れたり、一生懸命話をしているうちに、つじつまが合わなくなることがあります。また、テレビで見たことや友達が話をしていたことを自分のことのようにしてしまうこともあります。

    子どもの周りの変化(弟や妹が出来た時、友達とうまく遊べなかった時など)や、ちょっと寂しい時などにも見られることがあります。

    うそと決めつけず、「そう」と軽く受け流したり、子どもの気持を考えて「~したかったのね」など言葉を掛けて聞いてあげましょう。

    また急激な環境の変化などによるようであれば、いつもより意識してスキンシップや一緒に過ごす時間を多くしてみましょう。

    5歳ぐらいになって明らかにうそとわかる場合

    • 心理的な問題がある場合(もっとこっちを向いて)など心のサインと受け取れることもあります。
    • 何か理由(願望なのか、妄想なのかなど)があるかも知れないので、どうすることがよいのか子どもと向きあって話してあげましょう。
    • 人に迷惑を掛けることや人を傷つけるうそなどの場合はいけないことだと、しっかり話をしましょう。

    子育てQ&Aへ戻る

    お問い合わせ

    姫路市役所こども未来局こども育成部子育て情報相談室

    住所: 〒670-0943 姫路市市之郷1006番地8 すこやかセンター3階

    電話: 079-223-5640 ファクス: 079-223-5639

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム