ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

市長の活動ブログ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」展

    • 公開日:2019年5月18日
    • 更新日:2019年5月18日
    • ID:8737

    姫路市立美術館リニューアルオープン記念として「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」展が、現在、美術館で開催されています。それを記念して、チームラボ代表の猪子寿之氏と森美術館館長の南條史生氏による記念対談「変化しつつ 永遠を求める」が美術館で行われました。同展示は6月16日まで開催されています。

    対談の様子はチームラボ代表の猪子寿之氏と森美術館館長の南條史生氏による記念対談「変化しつつ 永遠を求める」別ウィンドウで開くからご覧ください。

    「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」(姫路市立美術館リニューアル記念展)別ウィンドウで開く

    「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」展 作者から作品の説明を受ける市長

    作品「永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる」の前で、猪子寿之氏(中央)と南條史生氏(左)に作品について解説して頂きました。

    「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」展 作者との記念撮影