ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路モノレールが土木学会選奨土木遺産に認定されました

    • 公開日:2020年9月30日
    • 更新日:2020年10月2日
    • ID:14183

    資料提供日

    令和2年9月30日(水曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市公園緑地課 手柄山交流ステーション
    担当者 青木・石田
    電話番号 079-299-2500

    姫路市営モノレール遺構群が令和2年度土木学会選奨土木遺産に認定されました。

    選奨名

    「姫路モノレール遺構群」

    • 旧手柄山駅舎(現手柄山交流ステーション)
    • モノレール台車の屋外展示
    • 旧車両:全長15メートル×2両(全アルミニウム合金製・鋲接仕上げ)

    土木学会選奨土木遺産

    公益社団法人土木学会が、土木学会選奨土木遺産選考委員会を設け、土木技術者へのアピール、まちづくりへの活用などの目的に近大土木遺産を対象として認定しているもの。
    令和元年度の選奨土木遺産 京都市琵琶湖疎水鴨川施設群他

    姫路モノレールの写真

    姫路モノレール車両

    しろまるひめ