ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    平和祈念展示資料館交流事業「平和祈念展in姫路」「凍土の記憶 抑留者が描いたシベリア」

    • 公開日:2021年12月24日
    • 更新日:2022年1月5日
    • ID:19447

    平和祈念展示資料館交流事業について

    東京都新宿区にある平和祈念展示資料館(総務省委託)では、さきの大戦における、兵士、戦後強制抑留者(シベリア抑留者)、海外からの引揚者の方々の労苦をより多くの人たちに伝えるための事業のひとつとして、全国各地で展示会を開催しています。今回、姫路市平和資料館と平和祈念展示資料館が連携して、「平和祈念展in姫路」並びに「凍土の記憶 抑留者が描いたシベリア」を開催します。

    「平和祈念展in姫路」開催概要

    兵役に関する公文書や装備品、シベリア抑留者の収容所での過酷な体験を物語る衣服や書簡、引揚げ時の混乱を示す書類や引揚者の持ち物など、平和祈念展示資料館が所蔵する代表的な資料を展示します。また、釜山日本人世話会のメンバーとして引揚者の帰還に尽力した三宅一美氏が、帰国を待つ引揚者たちを撮影した貴重な写真も展示します。
    加えて、姫路市平和資料館、姫路文学館が所蔵する、姫路空襲とその復興に関係する資料を特別展示として紹介します。

    開催日時

    令和4年1月7日(金曜日)から1月12日(水曜日)

    午前9時30分から午後5時まで

    開催場所

    イーグレひめじ 地下1階 姫路市民ギャラリー 第3・4展示室

    入場料

    無料

    主催

    平和祈念展示資料館(総務省委託)

    共催

    姫路市

    後援

    姫路市教育委員会、兵庫県、兵庫県教育委員会

    展示内容(予定)

    資料点数(合計185点)

    1. 兵士コーナー 40点
    2. 戦後強制抑留コーナー 43点
    3. 海外からの引揚げコーナー 66点
    4. 特別展示「姫路空襲と焼け跡の文芸復興(ルネッサンス)」コーナー 36点

    資料協力

    兵庫県立歴史博物館(高橋秀吉コレクション)

    姫路文学館


    「凍土の記憶 抑留者が描いたシベリア」開催概要

    平和祈念展示資料館(東京都新宿区)が所蔵する、シベリア抑留体験者が描いた絵画作品を紹介します。抑留生活を写実的に描いた佐藤清のペン画、抑留者の鎮魂や戦友への悼みを象徴的に描いた宮崎静夫の油彩画、二人の画家の作品を通してシベリア抑留の記憶を辿ります。

    開催日時

    令和4年1月8日(土曜日)から2月23日(水曜日・祝日)

    午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

    開催場所

    姫路市平和資料館 2階多目的展示室

    観覧料

    • 凍土の記憶 無料
    • 常設展示室 有料 一般210円、小学生・中学生50円

    常設展示室の観覧料が無料になる場合

    • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方および介護者1名については、手帳・ミライロIDの提示により無料となります。
    • 小学生および中学生は、どんぐりカードまたはココロンカードの提示により無料となります。
    • 姫路市在住の65歳以上の方は、姫路市高齢者福祉優待カードの提示により無料となります。

    休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土曜日、日曜日、祝日を除く)

    主催

    姫路市平和資料館、平和祈念展示資料館(総務省委託)

    展示内容(予定)

    1. 佐藤清の絵画作品 30点
    2. 宮崎静夫の絵画作品 9点
    3. シベリア抑留に関係するレプリカ資料など 21点

    平和祈念展示資料館(総務省委託)の情報

    平和祈念展示資料館(総務省委託)ホームページhttps://www.heiwakinen.go.jp/別ウィンドウで開く

    お問い合わせ

    姫路市役所観光スポーツ局平和資料館

    住所: 〒670-0971 姫路市西延末475番地 手柄山中央公園内

    住所の地図

    電話番号: 079-291-2525 ファクス番号: 079-291-2526

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム