ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

 

    児童文学講演会の開催について

    • 公開日:2021年9月17日
    • 更新日:2021年9月17日
    • ID:18421

    姫路市子ども読書活動推進計画(第4次)の事業「ひめじ子ども読書週間2021」にちなんで、子供と本に関わる市民を対象に、児童文学をテーマにした講演会を開催します。

    今年度は、翻訳家の小宮由さんに「このよろこびをあのこに」と題して、ご講演いただきます。

    日時

    令和3年(2021年)11月28日(日曜日) 

    午後2時から4時30分

    会場

    姫路市立城内図書館(日本城郭研究センター内) 2階 大会議室

    講師

    小宮 由(コミヤ ユウ)

    (プロフィール)

    翻訳家。1974年、東京都出身。 学生時代を熊本で過ごし、大学卒業後、児童書出版者に勤務。

    2001年より留学を経て、 翻訳に携わり現在にいたる。2004年より、東京・阿佐ヶ谷で家庭文庫「このあの文庫」を主宰。

    翻訳作品は『モミの木』『台所のメアリー・ポピンズ』(以上アノニマ・スタジオ)、『テディ・ロビンソン』シリーズ、『庭にたねをまこう』(以上岩波書店)などの他多数。

    現在も毎月のように、楽しい絵本や物語を翻訳出版中。

    祖父は、トルストイ文学の翻訳家 北御門二郎。両親・兄夫婦は熊本・西原村で児童書専門店竹とんぼを経営。


    申込方法

    10月24日(日曜日)より、姫路市立図書館ホームページから兵庫県電子申請共同運営システム(e-ひょうご)で受け付けます。

    定員

    先着130名

    講演会ポスター