ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

姫路市立学校園ホームページホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

「義務教育学校 姫路市立豊富小中学校 開校宣言」をご紹介します

  • 公開日:2020年5月29日
  • 更新日:2020年5月30日
  • ID:5694

【校旗授与式】

いよいよ6月1日から学校の教育活動を再開します。5月15日、姫路市役所にて教育長より開校宣言を受けたのち、校旗を授与されました。また、訓示を受けましたのでご紹介します。1歩前へ。義務教育学校 蔭山の里学院 姫路市立豊富小中学校の新しい生活がスタートします!

校舎と開校宣言

【姫路市立豊富小中学校 校旗授与式教育長訓示】

新型コロナウイルスは、私たちの生活を一変し、学校においても子供たちが集い、学び合うという本来の姿が未だに取り戻せていません。予定していた開校式につきましても、現在の状況を鑑み、中止といたしました。只今、校旗をようやく手渡すことができました。改めて、この度は義務教育学校姫路市立豊富小中学校の開校、おめでとうございます。

さて、平成28年に新しい学校種である「義務教育学校」が制度化されましたが、これは、平成18年の教育基本法改正により、義務教育の目的が明確化され、小学校と中学校が共に力を合わせ、子供の義務教育期間9年間の学びと育ちを一貫して支えることが求められるようになったことの流れの上にあります。

小学校と中学校の校舎が隣接する恵まれた立地条件を最大限に生かし、本市初の施設一体型校舎の義務教育学校として生まれ変わった豊富小中学校には、姫路の義務教育を先導する役割を担ってもらいたいと考えております。

 子供たちが予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画する力を育むために学校教育は不可欠であり、このような状況であっても子供たちの学びを止めるわけにはいきません。豊富小中学校は、この休校期間中も、ICT機器の活用を含む多様な手段により、子供の学びを保障すると同時に、心のケアにも取り組んできたと聞いています。校長がリーダーシップを発揮し、前期課程と後期課程の教職員が協働した経験は、学校再開後の教育に生かされることでしょう。

 本来ならば開校式で集うはずであった1年生から9年生までの児童生徒、教職員、そして保護者や地域の皆さん方が、それぞれの立場で互いに手を取り合い、素晴らしい「地域の学校」を築いていかれることを期待しています。

 豊富小中学校において、「変動する社会の中で自己を実現できる人材の育成」の学校教育目標のもと、ふるさと姫路の未来をひらく人づくりが進められることを心から祈念し、訓示とします。

令和2年5月15日                     姫路市教育長 松田 克彦
校庭と開校宣言

ー校庭と開校宣言ー

【開校宣言】

「やさしさと信頼に満ちた、教育・福祉都市」姫路市の、古来よりの伝統が香る、自然豊かな蔭山の里、姫路市豊富町御蔭九二五番地に、義務教育学校として姫路市立豊富小中学校を開設します。

九年間の育ちと学びを大切にした、地域とともにある、特色ある学校づくりが進められることを期待し、ここに開校を宣言します。

令和二年四月一日
姫路市教育委員会