ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

姫路市立学校園ホームページホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

学校だより『蔭山の里(かげやまのさと)』 令和2年(2020年)9月1日 No.4 

  • 公開日:2020年9月1日
  • 更新日:2020年9月1日
  • ID:7105

【 夢の実現に向かって努力する人になる! 】

二学期が始まり、二週間が経過しました。連日の猛暑とコロナ感染予防で、心身の疲れがありませんか。しばらくは暑い日も続くようです、コロナ感染予防とあわせて、体調管理に努めてください。

皆さんは、青色発光ダイオードの開発で、2014年にノーベル物理学賞を受賞された赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の三人のことを知っていますか。
発光ダイオードは、1960年代に赤色が開発されたのちに、緑色が開発されましたが、青色の開発が遅れていたため、あらゆる色の光を作り出せる「光の三原色」がそろわず、20世紀中の実現は不可能とまで言われていました。その壁を破ったのが、上記の三名の方々です。

受賞者の一人である天野氏によると、半導体の結晶を作るときに電気の炉が故障して、温度がうまく上がらなかったため、仕方なく低い温度で実験を続けたところ、偶然、青色発光ダイオードに必要な結晶ができたとのことです。どんな状況であっても、あらゆる可能性を追求してみるという天野氏の研究姿勢が、このような結果につながったのだと思います。
さらに、中村氏のコメントの中に、「リスクの高いものを選ぶ精神がないと大きな前進やノーベル賞級の発明はできない」というのがありました。要するに、「リスクが大きいからと言って、チャレンジを恐れるな」ということです。それがとてつもなく困難なことであっても、諦めずにとことん追求すれば、目標が達成でき、大きな夢の実現につながることを教えてくれています。
また、パナソニックの創業者である松下幸之助氏が、次のような言葉を残しています。「失敗したところで止めてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる」というものです。松下氏は、「失敗してもあきらめるな、成功するまで続ければ失敗にならない」と言っているのです。

このように、実現が不可能とまでいわれたことを見事達成した人たちは、途中であきらめずに挑戦し続けたことで、夢の実現が果たせ、歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのです。

児童生徒の皆さんは、このような人たちの精神に学び、挑戦する気持ちをもち、自らの夢の実現に向かって努力できる人になりましょう。

豊富小中学校では、『変動する社会の中で自己を実現できる人材の育成』を目指し、保護者の皆さん・校区の皆さんの御協力をいただきながら、皆さんの夢の実現に向けて挑戦できる人づくりを続けていきます。

【 学校行事について:(詳しくは後日別途案内) 】

  • 自然学校(5年) 9月28日(月曜日):日帰り 嬉野台生涯教育センター

  • 修学旅行(6年)10月23日(金曜日):日帰り 東大寺・太秦映画村(状況により県内) 

  • 修学旅行(9年) 9月30日(水曜日):日帰り フルーツフラワーパーク・舞鶴引揚記念館(状況により県内)


~5つの誓い~ 腰塚 勇人

口は  人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう…
目は  人のよいところを見るために使おう…
耳は  人の話を最後まで聴いてあげるために使おう…
手足は 人を助けるために使おう…
心は  人の痛みがわかるために使おう…  

お問い合わせ

姫路市立豊富小中学校

住所: 〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号: (前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039 ファクス番号: 079-264-0389

電話番号のかけ間違いにご注意ください!