ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

【6年生】綿のプロに教えてもらったよ

  • 公開日:2020年9月7日
  • 更新日:2020年9月7日
  • ID:7237

善兵衛さんに聞きました

学校で育てている綿が大きく成長してきました。害虫のこと、花の種類のこと、実のことなど、実際に育てることで疑問に思うことも増えてきました。そこで、姫路で無農薬の綿(オーガニックコットン)を育てている棉屋(わたや)の善兵衛さんにMeetを使って話を聞きました。
善兵衛さんは、水やりと草抜きと風対策が大切だということ、害虫や益虫について、綿の種類のことなど、綿を育てる上で大切なことや6年生の疑問に沿った話をしてくださいました。また、なぜ綿づくりを始めたのか、将来どうなって欲しいかということも熱く語ってくださいました。
学校の綿を大切にしていきたい、もっとたくさんの人に広めていきたい、という想いを強くすることができました。これからもたくさん教えて欲しいと、みんな願っています。善兵衛さん、ありがとうございました。

6年生の感想

・3000本の綿を育てていて、それをすべて手作業でしているのがすごいと思いました。
・できるだけ殺虫剤を使わない方がいいと言われていて、がんばって虫を取ろうと思いました。
・「手で糸にする」というこだわりはすごいと思いました。糸にするのは職人技だなと思いました。またお店にいきたいです。糸にする様子を見て、面白そうでやってみたいと思ました。
・6年生でもっと綿を育てたいし、いろいろな人に綿のことが伝わってほしいと思いました。
・完全無農薬でオーガニックコットンを作っていると知って、びっくりしました。
・善兵衛さんが言うように、「新幹線から一面の綿畑が見える」ような町にするために、私たちも手で虫をとって姫路木綿をたくさんの人に知ってもらう活動をしたいと思いました。
・最初から復活させようとしていたのではなくて、初めは楽しくて作っていたということを聞いて驚きました。最初はちょっとしてことだったのが、大きな夢になるのはとてもすごいと思います。
・みんなが知りたい事や思っていたこをすごく分かりやすく説明して下さって、やっぱり名人っているのがすごいと思いました。自分の好きなことをすることやあきらめないことはとてもいいことなんだよ、と綿のことにプラスして話していただいて、私もそういうことに挑戦していきたいと思いました。

これまでの物語 ~歴史と物語をつなぐプロジェクトの足跡~

お問い合わせ

姫路市立豊富小中学校

住所: 〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号: (前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039 ファクス番号: 079-264-0389

電話番号のかけ間違いにご注意ください!