ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

姫路市立学校園ホームページホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

図書館だより(Webダイジェスト版) 第4号後期課程図書館(2020年11月17日)

  • 公開日:2020年11月18日
  • 更新日:2020年12月17日
  • ID:8177

第4号~いい本教えて!号~

秋の読書週間が11月9日で終わりました。皆さん、いつもより本を読めましたか?私は、読書家の先生にお借りしていた原田マハさんの「サロメ」を読みました。自分では手に取ったことのない作家さんの本でしたが、読み始めると物語の世界に吸い込まれるように一気に読んでしまいました。本をおすすめしたり、してもらったり。読書の世界が広がりますね。皆さんも是非、友達にお気に入りの本を紹介してあげてください!先生におすすめの本を教えてもらうのもいいですね。
今、9年生の廊下には国語の時間に作った「本の紹介」が掲示してあります。学校ホームページで毎日更新されている「今日の一冊なんだろう」のコーナーでは11月16日から2学期図書委員のおすすめ本が紹介されます。読みたくなったら学校図書館へ!

黒板アート[読書週間]9年島袋さん&浦岡さん作

〖新着図書案内〗

ここに紹介する本はごく一部です。新着図書コーナーをチェックしてね!

「逆ソクラテス」   伊坂幸太郎  集英社 
「逆ソクラテス」「スロウではない」「非オプティマス」「アンスポーツマンライク」「逆ワシントン」5つの短編が入った短編集。ちょっと不思議なタイトルに興味がわきます。すべての物語の主人公は小学生で物語の舞台は学校。こんな先生いたな、こんな友達いたな、と共感しながら「逆転劇」を楽しんでください。

「水を縫う」   寺地はるな  集英社
 「男なのに」刺繍が好きな高校一年生の清澄(きよすみ)。「女なのに」かわいいものが苦手な社会人の水青(みお)。「愛情深い母親」になれなかったコンプレックスを抱えている、ふたりの母であるさつ子。清澄が一歳の頃に離婚し家を出て、「まっとうな父親」になれなかった全(ぜん)。「ふつう」ってなんだろう?「らしさ」ってなんだろう?と感じたことのある人に読んでほしい一冊。世の中の〈普通〉を踏み越えていく、清々しい家族の物語です。
「なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと」 
池上彰  学研プラス
 働くことの意味、生活にかかるお金、AI時代の働き方、勉強することの意味、やりたいことの見つけ方、後悔しない生き方・・・将来について考え始める皆さんに是非読んでほしい一冊です。漫画やイラストで分かり易く書いているので読みやすいです。
「カブキブ!」   榎田ユウリ  角川文庫
 青春歌舞伎物語。歌舞伎が大好きな高校生、来栖黒悟(通称クロ)は部活で歌舞伎をすることを夢見る。そのために同好会を立ち上げる。・・・が、なかなか人が集まらず、うまくいってなかったが、クロの歌舞伎愛やあきらめない姿勢に共感する仲間が現れ人が集まり始める。生徒リクエストにより7巻までそろっています。

≪2学期図書委員がおすすめの本を紹介≫ 図書館前に掲示中
図書委員がChromebookで作った本のPOPを図書館前に掲示しています。クラスでも紹介されたと思いますが、他クラスのおすすめ本も是非、読んでみましょう。
「文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験」「あるかしら書店」「銀河鉄道の夜」「日本の給料&職業図鑑」「あるあれた夏の朝」「ヨシタケシンスケの絵本」「ブタのふところ」「5億年後に意外な結末ピグマリオンの銀色の彫刻」「12星座シリーズ」

『IHave a Dream 』 9年英語タイアップコーナー   図書館内に展示中
アメリカ公民権運動に関連する資料や新聞記事を展示しています。この機会にぜひ手に取ってください。
MARCH」1~3   ジョン・ルイス他  岩波書店
今年7月17日に亡くなった著者、ジョン・ルイス氏(下院議員・民主党)は南部の農場出身で公民権運動の指導者の一人。キング牧師に感銘を受け公民権運動に加わり、キング牧師が「私には夢がある」と演説したワシントン大行進ではルイス氏も演説した。近年では「ブラック・ライブズ・マター」運動を支援。白人警官が黒人男性を死なせた事件の後「あと何人、若い黒人が殺されるのか」と語っていた。「MARCH」は人種隔離の時代から、現代までの長い道のりが描かれている。自伝であると同時に、公民権運動の流れを当事者の目線でふりかえったアメリカンコミック。
「彼の手は語りつぐ」 パトリシアポラッコ あすなろ書房
南部の奴隷の子ピンクスと白人シェルダン。南北戦争を舞台に、そんな二人の少年の出会いと友情、そして別れを描いた、本当にあった物語。
「ハーレムの闘う本屋」 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン あすなろ書房
ニューヨーク7番街の本屋「ナショナル・メモリアル・アフリカン・ブックストア」は黒人が書いた、黒人についての本だけを売る店。「ニグロは本を読まない」と言われていた時代、黒人に本を、そして、知識を広めることに尽力したルイス・ミショーの生涯を描く。常連にはルイ・アームストロングやキング牧師と対照的に描かれるマルコムXがいる。街の片隅で闘う人々もいた。そして本は人の力を変える力を持っているのだと強く感じる。
「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」 アンジー・トーマス 岩崎書店
女子高生のスターの目の前で幼馴染のカリルが警官に撃たれる。しかし警察は、無抵抗のカリルを撃った白人警官の行為を正当化するため、カリルを極悪人に仕立て上げようとする。やがてスターは覚悟を決め立ち上がる。
今年5月に白人警官が黒人男性を死なせた事件を思い出す・・・

お問い合わせ

姫路市立豊富小中学校

住所: 〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号: (前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039 ファクス番号: 079-264-0389

電話番号のかけ間違いにご注意ください!