ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

姫路市立学校園ホームページホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

学校だより『蔭山の里(かげやまのさと)』 令和2年(2020年)12月1日 No.7 

  • 公開日:2020年12月1日
  • 更新日:2020年12月1日
  • ID:8353

【 人権を守る 】

 12月になり、小中学校の校庭の木々もすっかり葉を落としました。日によっては、風も肌を刺すような冷たさを感じます。新型コロナウイルス感染症・インフルエンザの予防は怠ることなく、規則正しい生活をして、体調管理をしましょう。

1948年(昭和23年)12月10日、国際連合第3回総会において世界人権宣言が採択されました。これを記念し、1950年の第5回総会において、12月10日を「世界人権デー」と定めました。また、日本では1949年に法務省と全国人権擁護委員連合会が、12月10日を最終日とする1週間(12月4日-12月10日)を人権週間として定めています。この機会に、「人権」について考えてみましょう。

「人権」、少しわかりやすくいうと「人の権利」ということになります。もっとわかりやすくいうと、「一人一人が大切にされ、幸せに生きること」となります。子供にとっての人権とは、きれいな水を飲み、栄養のある食べ物を食べ、清潔な服を着て、安全なおうちで過ごし、暖かいおふとんで眠ることができる。学校で勉強をすることができ、友だちと仲よく遊ぶことができる。そんな生活を送れることが、「人権」を守られているということです。
「そんなのあたりまえのことでしょう?」と思う人がいるかもしれません。けれども、世界の国の中には、食べ物がない、おうちがない、勉強がしたくてもすることができないなど、みなさんがあたり前と思っているような生活が、あたり前にできない子供たちがたくさんいます。つまり、人権が守られていない子供たちです。

それだけではありません。もしかすると、みなさんのなかにも、人権が守られていない人がいるかもしれません。それは、暴力を受けたり、ひどいことを言われたり、いじめられたりしている場合です。人権とは「一人一人が大切にされ、幸せに生きること」ですから、いじめられて嫌な思いをしていたら、この子供の人権は守られていないことになります。周りの人の人権を傷つけないためには、相手の気持ちを考え、相手のことを理解してお互いに認め合う「思いやりの心」が大切です。

自分も他の人も、かけがえのない命と生きる権利を持っています。「世界人権デー」をきっかけに、みんなが大切にされ、幸せに生きることができる世の中にするために、自分は何をすればよいのかを考えて行動しましょう。

【 感染症予防にご協力をお願いします 】

 新型コロナウイルス新規感染者数が、兵庫県では連日100人を超え「感染拡大特別期」となっています。保護者の皆さんにも、毎朝の検温、マスク・ハンカチ等の準備等で大変お世話になっております。しばらくは、予断を許さない状況が続くと思われますので、今後ともご協力をお願いいたします。

~5つの誓い~ 腰塚 勇人

口は  人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう…
目は  人のよいところを見るために使おう…
耳は  人の話を最後まで聴いてあげるために使おう…
手足は 人を助けるために使おう…
心は  人の痛みがわかるために使おう…  

お問い合わせ

姫路市立豊富小中学校

住所: 〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号: (前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039 ファクス番号: 079-264-0389

電話番号のかけ間違いにご注意ください!