ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立四郷学院

SHIGO GAKUIN ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒671-0246 姫路市四郷町坂元345番地2 地図

電話番号:079-252-1467

7月学院通信

  • 公開日:2021年7月2日
  • 更新日:2021年7月2日
  • ID:11241

7月学院通信

姫路市立四郷学院 通 信   7月 令和3(2021)年 6月25日 発行 記:佐竹 弘人

学校教育目標「SDGs4 より質の高い教育を みんなに!」  

【新 学習指導要領について】

 学校教育の指針となる「学習指導要領」は、文部科学省によって、10年ごとに見直しが行われます。平成26年に文部科学大臣が「中央教育審議会」に諮問を行い、2年以上の審議を経て、平成28年に「中央教育審議会答申」が示されました。

 この答申においては、“よりよい学校教育を通じてよりよい社会を創る”という目標を学校と社会が共有し、連携・協働しながら、新しい時代に求められる資質・能力を子供たちに育む「社会に開かれた教育課程」の実現を目指すとあります。これを踏まえ、平成29年3月に「新 学習指導要領」が告示され、小学校(前期課程)では令和2年度から、中学校(後期課程)では、令和3年度(本年度)から全面実施しています。

 新しい学習指導要領では、2030年の社会の在り方やその先を見通した学校教育のあるべき姿と方向性が示されています。

 学校教育全体や各教科等において、「何ができるようになるか」=目標・「何を学ぶか」=指導内容・「どのように学ぶか」=主体的・対話的で深い学び・「何ができるようになったか・何が身についたか」=評価を明確化し、目標と指導と評価の一体化が重要です。

 

  目 標 「何ができるようになるか」 3つの資質・能力(これからの時代・社会に求められる資質・能力)

  1. 生きて働く『知識・技能』の習得

    (何を理解しているか・何ができるか)

  2. 未知の状況にも対応できる『思考力・判断力・表現力等』の育成

    (理解していること・できることをどう使うか)

  3. 学びを人生や社会に生かそうとする『学びに向かう力・人間性等』の涵養

    (どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか)

     

    指 導 <内容>「何を学ぶか」

          <展開>「どのように学ぶか」

          主体的・対話的で深い学びの実現

     

    評 価 「何ができるようになったか」「何を身につけたか」

         観点=『知識・技能』『思考・判断・表現』『主体的に学習に取り組む態度』

     参考:「新学習指導要領をひもとく」加藤明

    【各学期末 通知表の学習の記録について】(後期課程)

     昨年度までと変わるところは、すべての教科において観点別学習状況の評価が、左記の理由で下記のように統一されました。

    『知識・技能』『思考・判断・表現』『主体的に学習に取り組む態度』の3つの観点について、それぞれ〈A・B・C〉の3段階で評価し、これをもとに、5段階評定〈1~5〉を算出し、通知表に記載することになります。

    【観点別学習状況に関する評価場面及び具体的な評価方法】

 

知識 技能

  評価の場面

〇各教科等における学習の過程を通した知識及び技能の習得状況

〇既習の知識及び技能と関連付けたり活用したりするなかで、他の学習や生活の場面でも活用できる程度に概念等を理解したり、技能を習得したりしているか。

  考えられる具体的な評価方法

・定期考査・実力考査・単元テスト・小テスト・振り返り・実技テスト・作品・実験・観察・レポート・発表・説明 等

 

思考 判断 表現

  評価の場面 

〇各教科等の知識及び技能を活用して、課題を解決する等のために必要な思考力、判断力、表現力を身につけているか。

  考えられる具体的な評価方法

・定期考査・実力考査・単元テスト・小テスト・感想文・振り返り・実技テスト・作品・実験・観察・レポート・発表・説明・論述・話し合い 等

 

主体的に学習に取り組む態度

  評価の場面

〇知識及び技能を習得したり、思考力、判断力、表現力等を身につけたりするために、自らの学習状況を把握し、学習の進め方について試行錯誤するなど、自らの学習を調整しながら学ぼうとしているか。

   考えられる具体的な評価方法

・提出物・ノート・レポート・感想文・発表・発言・振り返り・話し合い・行動観察・自己評価・相互評価・テスト直し 等


兵庫県:「緊急事態宣言」6月20日解除➡姫路市:『まん延防止等重点措置』適用〈6月21日~7年11月〉

 緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き、新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで、教育活動を行いますので、ご理解とご協力、ご支援をお願いいたします。

 前期・後期とも、保護者に校内の消毒作業を毎日行っていただいていますが、お手伝いいただける方を募っています。詳しいことは、前期・後期のそれぞれの教頭に問い合わせてください。

〇(前期・後期)各学年、水泳の授業を開始しています。更衣室は広い場所を確保し、プールサイドやプールの中では、密を避けています。

〇後期課程は7月に参観日・前期課程は9月に参観日を検討しています。

〇前期音楽会(11月20日)・後期文化発表会(10月29日)に向けて、準備を進めていきます。現段階では、保護者に来ていただくことを想定して準備しています。

〇後期部活動壮行会(7年2月)を運動場で行います。保護者の皆さん、是非見に来てやってください。

〇8年トライやる発表会(7年12月)を体育館で行います。保護者の皆さん、是非見に来てやってください。

〇後期個別懇談会(7月13日~15)・前期個別懇談会(7月26日~28)を行います。詳しくは担任から配布します。

※2学期始業式は、8/25(水曜日)になります。前期・後期とも、給食は8月30日から始まります。