ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

令和3年(2021年)10月を振り返って【8年生】

  • 公開日:2021年10月29日
  • 更新日:2021年10月29日
  • ID:12606

【先を見据える】

秋を感じる頃となり、制服姿は長袖へと衣替えする生徒が多くなってきました。

中間考査が終わり、自分の学習スタイルを見直して2学期末考査に向けての計画を進める様子もみられます。

また、各クラス帰りの学活では、毎日の反省を話合う時間が設けられています。

授業に向かう姿勢、クラスでの生活の様子についてなど、課題は日々挙げられています。

【働くことを考える】

自分の将来へ見通しを立てて行動するために、いま目の前にある事柄に丁寧に向かうという姿勢を改めて考えさせられる10月でした。

5日にトキメキ仕事体験、8日にはアシックスの方の講演会がありました。

外部のさまざまな職業の方から話をしていただき、8年生にとっては“仕事・働くこと”についてたくさん考える1週間でした。

トキメキ仕事体験講話

各講座での体験活動の様子

保育の講座での作品づくり

アシックスの方より、ものづくりについての講話

ブレーンストーミングで創造活動にチャレンジ

お題に対してグループでアイデアを出し合います

質疑応答ではたくさんの疑問にお答えいただきました

【人権について知る・考える】

道徳の授業では7日から、人権について日本の歴史に沿って学習が始まりました。

第1回目の授業はDVDで、第2回目は担任の講話で、日本の人権の歴史について学習しました。

学習のはじまりは、室町時代まで遡りました。

これまでにも人との関わり方や本当の思いやり、本当のやさしさについて深く考えてきました。

実際に自分の住む国で起きた出来事について初めて知ったとき、「なぜ?」「解決方法はなかったのか」「どうすればよかった?」など、

生徒の感想には疑問がたくさん綴られていました。

第1回目の授業の様子

昔の日本にあった職業を知る場面

日本の歴史をたどる

第3回目の授業では、「差別」が日本中で起こっていた現状と、そのときに立ち上がった人々の決意を、DVDを観て知りました。

なぜこんなにも長い間「差別」は続いたのか、いま平穏に暮らせている自分たちとの差に驚く様子や、

おかしいと違和感を覚えると感想を述べる様子もみられました。

第3回目の授業の様子

これまでに出された施策を読み解く

11月も人権の学習は続きます。人と関わって生きていくためには、知っておかなければならない大切なことがまだたくさんあります。

3回の学習で新しく知ったことがたくさんあります。正しい情報を得てそのままにせず、自分の中で整理をすることも忘れないでほしいです。

また誰もが知っている「差別は絶対にあってはならない」ということ、当たり前のことを、立ち止まって感じ、考えられるという心を、

いまもこの先も持ち続けていきたいです。

お問い合わせ

姫路市立豊富小中学校

住所: 〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号: (前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039 ファクス番号: 079-264-0389

電話番号のかけ間違いにご注意ください!