ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立豊富小中学校

TOYOTOMI ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号:(前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039

防災カードゲーム「なまずの学校」を通して学びました

  • 公開日:2021年12月9日
  • 更新日:2021年12月9日
  • ID:13134

「命を守る」を防災士の方と一緒に考えます

姫路木綿を育てながら、防災について調べ考えを深めている6年生の総合的な学習。今回は「なまずの学校」という防災カードゲームを使って学びました。善兵衛さんがこれまでの振り返りをされたあと、防災士の平櫛さんが登場。カードゲームを大きくした紙芝居形式で、災害発生時にどんな道具を選択するかを考えていきました。
生活の中で何気なくつかっている道具が、災害発生時には命を守ります。意外な道具の意外な活用方法に、「へえー、そうだんだ!」「やった、そう思ってた!」など、新しい発見や気づきがいっぱいの時間になりました。
そして、最後に姫路木綿を使った防災キャンドルの紹介がありました。平櫛さんの手作りだそうです。今後、6年生でも姫路木綿を使った防災用品を考案していきます。

オンラインと直接体験を組み合わせた総合的な学習、次回は阪神・淡路大震災と東日本大震災という2つの震災を経験された防災士の方から学びます。

善兵衛さんのお話

これまで育ててきた姫路木綿。種のまわりにあるフワフワの綿は命を守る役割をもっています。

防災カードゲーム「なまずの学校」

さあ、「なまずの学校」のスタートです。このカードゲームは、実際に震災に被災された方から聞き取ったことをもとに作成されています。

一つだけ選択

「自分だったらこれかな?」命を守る道具について、いくつかある道具から、一つだけ選択します。

理由を紹介

道具ごとに、災害発生時の役割を説明して頂きました。

オンラインでのコミュニケーション

手を挙げて、オンライン越しに自分の考えを伝えます。「もう少し考えたいからちょっと待ってて」という声も。

板書に残す

学んだことは、板書でも記録に残していきます。

防災キャンドル

きれいに輝くキャンドル。試行錯誤されてつくられたそうです。芯の部分は姫路木綿でできています。

ふりかえり

「姫路木綿を使って、いろんな防災用品が生まれたらいいな。」

姫路木綿

姫路木綿が紡ぐ命。これからも、物語はコットンコットンと続いていきます。

お問い合わせ

姫路市立豊富小中学校

住所: 〒679-2122 姫路市豊富町御蔭925番地

電話番号: (前期課程)079-264-0021 (後期課程)079-264-0039 ファクス番号: 079-264-0389

電話番号のかけ間違いにご注意ください!