ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

姫路市立学校園ホームページホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立白鷺小中学校

HAKURO ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL

〒670-0012 姫路市本町68番地52 地図

電話番号:079-222-5588

心の糸は、張りすぎず、ゆるみすぎず

  • 公開日:2022年2月15日
  • 更新日:2022年2月15日
  • ID:13881

~学びと育ちをうながすために~

 2学期が始まりました。今学期には学校行事が目白押しです。9月はスポーツ・フェスティバル、6年生修学旅行、10月は中学部文化発表会、11月は5年生自然学校、8年生トライやる・ウィーク、小学部音楽発表会。コロナ禍ではありますが、市で決められた方針に則り感染予防対策を十分に行いながらその行事のねらいを大切にして実施していきたいと思っています(学校行事が児童・生徒の成長に欠かせないものであることは昨年度痛感しました)。感染状況等によっては変更・中止を余儀なくされるかもしれませんが、普段から感染予防対策を徹底し実施にむけて取り組みますので、ご理解とご協力をお願いします。

 また、学習を充実・深化させていく学期でもあります。とりわけ9年生にとっては進路選択にむけて重要な資料となるテストが続きます。一喜一憂することなく進路実現にむけて切磋琢磨していってもらいたいと思います(放課後の学習会も定期的に行います。有効に活用してください)。

 一方、先生方もしっかり学んでいきます。授業力を磨くために毎年積み重ねてきた授業研究会を10月8日に行います。本年度は外国語・英語部会が「探究的な学び」の提案授業を行います。それをもとに全教職員で児童・生徒の学びを充実させるための授業の在り方を考えていきます。

 ところで、(わたくしの)担任の先生が通知表に書いてくださった所見を読み直してみました(半世紀以上過去のもの!)。

 「動作が活発で元気いっぱいの学習ができました。話がしっかり聞けてよい発表をしますが、少し落ちつきが足りないので、テストなどで失敗することがあります。」(小1)

 「明朗快活、自己主張をよくする。何事にも積極的である。その反面早合点で思考の浅いところが残念である。」(小2)

 先生方が愛情を持って、自分のことをしっかり見取っていただいていたことに気づきます。所見内容が現在の自分の姿をそのまま映しているように思うからです。先生方の鋭い観察眼に脱帽します。また、その時の学級での出来事や先生の表情が甦ってきてほんわかした気持ちになりました。教室の中にはゆったりした時間が流れていて、今思えば赤面してしまうような失敗の数々もしでかしました。しかし、そこはお互いさまで、「ごめんなさい」でリセットできる余白が残されていました。

 当時とは社会状況が大きく変化し時代に応じて求められる資質や能力も異なっていますが、心の成長リズムはそんなに変わるものではないように思います。社会の急速な変化に子供の内面の成長を合わせようとすれば心が壊れてしまうか歪な発達をせざるを得ないのではないでしょうか。

  「心の糸は張りすぎてもだめ。ゆるみすぎてもだめ。ちょうどいい塩梅に」(相田みつお、詩人・書家)を大切にしたいと思います。


(学校通信「白鷺一心」令和3年度 第5号より)