ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立書写養護学校

SHOSHA SPECIAL NEEDS SCHOOL

(本校)〒671-2203 姫路市書写台三丁目148番地1(分教室)〒670-0061 姫路市西今宿五丁目3番8号高岡病院内 地図

電話番号:(本校)079-266-0028(分教室)079-297-7600

子どもの表出に意味づけをして返してくださいと言いましたが・・・・

  • 公開日:2023年11月13日
  • 更新日:2023年11月13日
  • ID:20230

子どもの表出に意味づける言葉かけをする

 高等部の学習発表会、感動しました。終わった後、給食の試食に行ったのですが、ウソではなく「放心状態」でした。それは、子どもたちの演技自体も輝く笑顔と一生懸命の取り組みで目を引くものばかりでしたが、その行動を引き出すために、先生方が日々の授業で取り組んできてくださったことの意味、奥行き、味わいを感じることができたからです。何より、先生方の一緒に楽しむ姿勢は子どもたちの普段の活動をより高めてくれるものでした。そして、それに触発された子どもたちは、先生の笑顔に惹きつけられて、観客の保護者がいる中でも堂々としていたことが印象的でした。先生方、ありがとうございました。

 先週の木曜日の朝のあいさつで「子どもの行動に意味付けをすることで、経験や体験に止揚することができる」という話をしました。そのことには間違いないのですが、表現するレパートリーをたくさん持っていない子どもたちです。できるできないの尺度では測れない魅力を持っている子どもたちには、じっくりと目標をもって、こつこつと経験を積み重ねていく必要があることがいかに大切かを先生方の姿を通して子どもたちから学びました。まさに、青天の霹靂です。それを感じ取っていた保護者の涙は、子供たちの成長の証を確かなものとして受け止められたのではないかと思います。

 意味付けるだけではいけないんですね。意味付けを積み重ねていく実践が奥深さを引き出し、それが、子どもたちのこれからの生きる力の原動力になるのだと確信しました。

子どもたちが、楽しむだけでいいのかなと、教師根性を見せてしまって、何かを掴んで欲しいと考えてたので、褒める言葉の裏側にある教師の情けない欲を子どもに見破られてしまっていたような気がしました。

誰かと比較するのではない、相対的なものではなく、絶対的な感覚を持つことが「社会的自尊心」を確かなものにしていきます。華やかでなくていい。目立たなくていい。きれいな花を見て、きれいというだけでなく、色やにおいを確認することで、心が落ち着いた、整ったと感じる力の方が心を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

人は与えられた命を輝かせるために生まれてきたと思います。できるようになる能力を高めることだけではなく、できることにしっかりと根を張り巡らせることで、より輝くことができます。本校の子どもたちから教えられることは、本当に素晴らしいことばかりで、「先生も頑張れ」と励まされてばかりです。

お問い合わせ

姫路市立書写養護学校

住所: (本校)〒671-2203 姫路市書写台三丁目148番地1(分教室)〒670-0061 姫路市西今宿五丁目3番8号高岡病院内

住所の地図

電話番号: (本校)079-266-0028(分教室)079-297-7600 ファクス番号: (本校)079-266-9506(分教室)079-297-7600

電話番号のかけ間違いにご注意ください!