ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立書写養護学校

SHOSHA SPECIAL NEEDS SCHOOL

(本校)〒671-2203 姫路市書写台三丁目148番地1(分教室)〒670-0061 姫路市西今宿五丁目3番8号高岡病院内 地図

電話番号:(本校)079-266-0028(分教室)079-297-7600

小さな動きで大きな感動を

  • 公開日:2023年11月21日
  • 更新日:2023年11月24日
  • ID:20291

小さな動きで大きな感動を

 中学部の学習発表会が開催されました。終わった後、なんだか、心がほっこりして、一つ一つの場面で見られた子どもたちの小さな動きが大きな感動を生んでいることをしみじみと感じました。中学部は人数が多いことと、人工呼吸器の生徒や訪問の生徒がいて、個別に計画的な配慮を必要としている生徒が在籍しているため、どんな動きができるか、それを使うとどう世界が広がるかということを考えて授業を構成している先生方の子どもに対する向き合い方がわかる授業実践の発表でした。「がんばれ、がんばれ」という生徒の応援の声が聞こえ、今までの授業の姿以上の力を発揮してくれたと思います。

 訪問の生徒は、一人はスクーリングで登校してくれました。もう一人は、家と体育館をMeetでつないで、Liveで参加してくれました。2人とも体調がよくて、与えられた課題に対して一生懸命、励まされながら、応えてくれていました。

 視線入力装置を使って絵を描いたり、ゲームで魚の分類をしてくれたりした生徒もいました。

 一つ一つの行動をおこすために、きっかけをもらいながら、行動を反映する姿に、会場は観客からの大きな拍手で包まれました。「指先の動きが、どんな動きにつながるか」を、その子なりの教材の工夫をして、上手に表現できる手段に変えていく勉強は、そのことだけにとどまらないで、何か、意志を伴うものを表現するときに使える力になると思います。スイッチ類を工夫することで意思表示ができるようになると生活の質が変わってきます。認知の弱さがあり、判断を自分でできているかが分かりにくい場合もありますが、経験で獲得する力も必ずあります。それを繰り返し行う中で身につけていってくれることができるといいなぁと思いました。

 うまく表現はできなくても感じていること、考えていることは必ずあります。そして、それらは前向きな気持ちになれるといろんな手段を使って、相手に伝えようとしてくれる。伝えられることができると共感してくれる人たちが必ず現れます。まずは、周りに感謝しつつ、できるできないではなく、一生懸命取り組む姿勢、前向きになることです。そして、周りの人たちの人間性(感覚)と想像力によって、思っていることを実現できるように支援することです。その前向きになれる意欲を身につけるには「できたね」という成功体験を積ませることですね。

お問い合わせ

姫路市立書写養護学校

住所: (本校)〒671-2203 姫路市書写台三丁目148番地1(分教室)〒670-0061 姫路市西今宿五丁目3番8号高岡病院内

住所の地図

電話番号: (本校)079-266-0028(分教室)079-297-7600 ファクス番号: (本校)079-266-9506(分教室)079-297-7600

電話番号のかけ間違いにご注意ください!