ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    「姫路駅北駅前広場および大手前通り」が2015年度グッドデザイン賞特別賞「地域づくりデザイン賞(日本商工会議所会頭賞)」を受賞しました。

    • 公開日:2015年11月18日
    • 更新日:2023年1月6日
    • ID:2199

    グッドデザイン賞の概要

    グッドデザイン賞は、日常生活の中でさまざまに展開される現象の中から「良いデザイン」を選び、顕彰することを通じて、私たちの暮らし、産業および社会全体をより豊かなものへと導くことを目的とした公益社団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。グッドデザイン賞を受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められており、創設以来半世紀以上にわたり「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。

    グッドデザイン賞については、公式ホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください

    「姫路駅北駅前広場および大手前通り」の概要

    駅前広場=交通広場という従来の図式を大きく塗り替え、交通広場を脇に配置し、姫路城を正面とする都市軸の上に歩行者空間を生み出すことに成功しました。日本初のトランジットモール(公共交通機関と歩行者の通行だけを許す街路)、立体広場ともいえるサンクンガーデン(キャッスルガーデン)、芝生広場、姫路城を望む眺望デッキ(キャッスルビュー)といった多彩なボキャブラリーを組み合わせ、交通のための場所から多くの人達が回遊し楽しめる駅前広場へと大きく変貌を遂げました。

    キャッスルガーデン水景で遊ぶ子供達
    北駅前広場(バス乗降場)
    キャッスルビュー内
    夕方キャッスルビューより望む、姫路城と大手前通り

    「姫路駅北駅前広場および大手前通り」の受賞理由

    既存の施設や街区をよく読解し、ポテンシャルを引き出して姫路城と駅の関係を作りなおしたデザインとともに、市民や行政を巻き込んだ仕組みの巧みさ」が高く評価されました。

    ポテンシャルとは「潜在的な能力、可能性として持つ力」という意味

    受賞内容

    受賞対象名 駅前広場と道路「姫路駅北駅前広場および大手前通り」
    事業主体 姫路市
    受賞企業

    • 明治大学(東京都)
    • 小野寺康都市設計事務所(東京都)
    • ナグモデザイン事務所(東京都)
    • WAO渡邉篤志建築設計事務所(東京都)
    • 株式会社復建エンジニヤリング(東京都)
    • 株式会社日建設計シビル(大阪府) 

    今回の受賞に関しては、同賞公式ホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください

    添付資料

    世界遺産である姫路城を焦点とする「大手前通り」とその起点である駅前広場周辺の公共スペースのデザインを市民とのワークショップを重ねながら実現し、日本では稀有の公共プロジェクトとなった姫路駅北駅前広場整備と大手前通りの改修が、公益財団法人日本デザイン振興会の主催する『2015年度グッドデザイン賞特別賞「地域づくりデザイン賞(日本商工会議所会頭賞)」』を受賞しました。

    平成27年10月30日、同賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会が発表しました

    お問い合わせ

    姫路駅周辺整備室 駅部・街路担当
    電話番号079-221-2555、2159 ファクス番号079-221-2557