ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    指定管理者制度導入基本方針

    • 公開日:2015年6月9日
    • 更新日:2020年6月23日
    • ID:2467

    「指定管理者制度導入基本方針」は、姫路市が指定管理者制度を導入するに当たっての基本的な方針です。
    この方針では、制度の概要、公の施設における管理形態、制度の運用方針、指定管理者に対するモニタリング等について規定しています。

    方針の全文(平成31年2月改正版)

    方針の概要

    公の施設の管理形態の最適化

    公の施設の管理に当たっては、施設の性格、設置目的、また政策的な見地、業務の特殊性や専門性などの観点から施設を分類したうえで、市による直営とするか、指定管理者制度を導入するかを検討し、各施設の管理形態の最適化を図ることとしています。
    また、直営の施設または非公募により指定管理者を選定している施設については、継続的に検証を行い、適宜、当該施設の分類や管理形態を見直していくこととしています。

    指定管理者制度の運用方針

    それぞれの公の施設に指定管理者制度を導入するに当たっての運用方針(指定期間、募集方法、指定管理者選定委員会の設置、協定締結等)および指定管理者制度運用委員会の設置について規定しています。

    指定管理者に対するモニタリング

    指定管理者による、適正かつ効果的な公の施設の管理運営を担保する観点や、管理運営の安定性・継続性を担保する観点から、指定管理者の管理運営や財務の状況について、適宜、モニタリング(業務監督)を行い、必要な措置を講じることとしています。

    (参考)今後のスケジュール

    令和2年度の制度導入・更新施設の選定作業は、以下のとおり予定しています。

    • 令和2年3月
       令和3年度の導入・更新施設の方針を決定
    • 令和2年4月
       令和3年度の導入・公募施設を市のホームページ等で事前に周知
    • 令和2年7月頃
      指定管理者の募集開始(募集要項等は市のホームページに掲載)
    • 令和2年12月
      指定管理者の選定結果の告示