ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    建築設備工事監理報告書について

    • 公開日:2008年9月5日
    • 更新日:2019年5月7日
    • ID:2565

    建築基準法第12条第5項の規定に基づき、一定規模以上の建築物に付随する建築設備工事について、完了検査の前に建築設備工事監理報告書の提出を求めています。スムーズに検査を行えるよう監理報告書の提出にご協力ください。
    平成20年4月に特殊建築物等の定期報告制度が大幅に見直されました。この建築設備工事監理報告書は、風量測定等、その定期報告書の調査項目と重複している個所が多くあり、定期報告の調査を行う際にも役立ちます。

    監理報告書の提出を要する用途および規模

    建築物用途と延べ面積
    建築物用途延べ面積
    工場、住宅、その他これらに類するものを除く建築物2,000平方メートル以上
    工場、住宅、その他これらに類するもの10,000平方メートル以上(下記添付ファイル参照)

    提出時期と提出部数

    • 提出時期
      完了検査申請書提出時に設備担当に提出
    • 提出部数
      監理報告書:2部(正、副(写しで可)
      工事写真:1部(正)

    様式

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局まちづくり推進部建築指導課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎5階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2579 ファクス番号: 079-221-2548

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム