ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    ゴールデンウィーク期間の各施設入場者数について(令和元年度)

    • 公開日:2019年6月25日
    • 更新日:2019年9月27日
    • ID:8227

    資料提供日

    令和元年5月7日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市シティプロモーション推進課
    担当者 森下・安室
    電話番号 079-221-2116

    調査期間

    平成31年4月27日(土曜日)から令和元年5月6日(月曜日)の10日間

    調査施設

    市内20施設

    入場者数

    367,942人 (数値は速報値。詳しくは添付資料「ゴールデンウィーク入場者数等一覧」のとおり。)

    過去年の数字

    平成30年入場者数226,292人(平成31年/平成30年 162.6%)
    平成29年入場者数246,057人(平成31年/平成29年 149.5%)
    調査対象期間は、
    平成31年4月27日(土曜日)から令和元年5月6日(月曜日)の10日間
    平成30年4月28日(土曜日)から5月6日(日曜日)の計9日間
    平成29年4月29日(土曜日・祝日)から5月7日(日曜日)の計9日間

    増減理由

    新天皇の即位に際し、10連休となったことにより、姫路城周辺施設を中心にの入場者数が増加した。

    1. 姫路城周辺では、姫路城をはじめ、周辺4施設とも増加した。特に、美術館での展覧会「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」や、姫路文学館での特別展「いきものだいすき!薮内正幸の動物画展」が好評であったため、入場者数が大幅に増加している。
    2. 書写山周辺では、新緑の季節を迎え、恒例の新緑祭り(5月3日から5月5日まで)を開催した書写山へ足を運ぶため、多くの方が書写山ロープウェイを利用された。
    3. その他施設では、天候の影響を受けずに、お子様連れの利用が多い水族館や姫路科学館が入場者数を伸ばしている。

    添付資料

    PR:姫路市イメージキャラクター しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所観光スポーツ局観光文化部観光推進課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 北別館5階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-1500 ファクス番号: 079-221-1527

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム