ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    「姫路文学館紀要」22号を発刊

    • 公開日:2019年8月23日
    • 更新日:2019年8月23日
    • ID:8697

    資料提供日

    令和元年7月30日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路文学館学芸課
    担当者 玉田
    電話番号 079-293-8228

    姫路文学館では「姫路文学館紀要 第22号」を発行しました。内容の紹介と購入方法についてお知らせします。

    22号には、第20回司馬遼太郎メモリアル・デーにおける作家・出久根達郎氏の講演などの記録、山本秀樹・岡山大学教授が国文学者・金井寅之助の学的業績を調査した寄稿、資料紹介として歴史学者・辻善之助の「欧米巡歴録」ノート連載の完結回となる北イタリア、ローマ部分、阿部知二が英文でつづった恩師エドマンド・ブランデンについてのエッセイを掲載しています。

    概要

    書籍名

    姫路文学館紀要 第22号

    編集・発行

    姫路文学館

    仕様

    A5判 本文214ページ

    価格

    800円

    部数

    300部(限定)
    部数が限定されますので、早めにお求めください。

    販売場所

    姫路文学館

    発行日

    平成31年3月30日

    22号掲載内容

    第20回司馬遼太郎メモリアル・デーの記録

    講演「司馬文学の魅力」/出久根達郎(作家)
    パネル・トーク/出久根達郎、上村洋行(司馬遼太郎記念館館長)、増井孝子(ラジオ関西パーソナリティ)
    進行/増井孝子
    平成30年8月7日、姫路文学館で開催した第20回司馬遼太郎メモリアル・デーの全内容の記録。
    古書店の店主から作家となった出久根達郎氏が、長年の古書販売の経験をまじえて、愛読してきた司馬作品の魅力について語った。
    17歳のときに産経新聞の『竜馬がゆく』に引き込まれた出久根氏は、主人公の竜馬になった気になり、北辰一刀流の修行を始めたという。『竜馬がゆく』の登場人物を1,149人と数えた経験があり「司馬先生の小説には無名の人はいない」と論じた。

    寄稿論文「日本近世文学研究者金井寅之助について」/山本秀樹(岡山大学大学院社会文化科学研究科教授)

    姫路文学館の金井寅之助文庫は和装本2,150部を含む33,000点の国文学を中心とする蔵書コレクションである。近世日本文学研究者であった金井寅之助(1911~1988)が姫路の研究者が身近に利用できる文庫として収集したものを、姫路文学館が開館時に寄贈を受けた。
    金井は西鶴研究で資料を駆使した業績を残したが、山本教授はその学者としての生涯を京都大学に受けつがれている実証主義の学問的伝統の中に位置づけてたどっている。

    [資料紹介]辻善之助「欧米巡歴録 北イタリア・ローマ・フランス(中部)」翻刻

    姫路出身の歴史学者・辻善之助(1877~1955)が、博物館と文化財保護などを視察する旅のなかで記したノートのうち、明治45年(1912)2月21日から3月26日の部分を翻刻、翻訳。
    パリを出発して、ディジョン経由で北イタリアの諸都市を巡った。とりわけフィレンツェに日数をついやして、ルネッサンス芸術の清華を堪能してから、ローマに入った。古代ローマ帝国のローマとバチカンを中心とするキリスト教のローマをゆっくりと観察するかたわら、2度の遣欧使節関係の調査を行っている。
    この「欧米巡歴録」の紹介は平成13年(2001年)の紀要4号以来順次おこなってきたが、約1年間の洋行期間のうち後半半年(5冊のノートのうち4冊)を完了した。
    掲載号はアメリカ(4号)、パリ(4号)、南イタリア、ギリシャ(6号)、オーストリア(13号)、ドイツ(11号)、中部、北部イタリア(16号)、南フランス、スペイン、スイス(20号)、オランダ・ベルギー・イギリス・フランス(21号)である。

    [資料紹介]作家阿部知二英文原稿“Imaginative Sympathy-Remembrance”―恩師エドマンド・ブランデンへの敬慕/甲斐史子(姫路文学館学芸員)

    姫路で育った作家・阿部知二(1903~1973)が東京帝国大学時代の恩師でイギリスの詩人・批評家のブランデンとの思い出を「想像力による共感」“Imaginative Sympathy”というブランデンの言葉をキータームにして英文で著したエッセイを原文と日本語訳で紹介している。

    添付資料

    PR:姫路市イメージキャラクター しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局姫路文学館

    住所: 〒670-0021 姫路市山野井町84番地

    住所の地図

    電話番号: 079-293-8228 ファクス番号: 079-298-2533

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム