ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    青少年交流 太原市中高生受け入れ

    • 公開日:2019年8月23日
    • 更新日:2019年9月2日
    • ID:8725

    資料提供日

    令和元年7月4日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 公益財団法人姫路市文化国際交流財団
    担当者 国際交流担当 スコット、森脇
    電話番号 079-282-8950

    令和元年7月10日(水曜日)から7月16日(火曜日)までの7日間、中国・太原市から中高校10名と引率者1名が来姫します。来姫生は、一般の家庭にホームステイしながら、姫路市文化国際交流財団の主催するプログラムを通して日本文化を体験します。

    滞在中の日程

    令和元年度太原市中高生受入日程をご覧ください。

    今回注目のプログラム

    市長表敬訪問(7月12日(金曜日)午前9時30分から)

    太原市の親善大使として、清元姫路市長を表敬訪問します。

    茶道体験(7月12日(金曜日)午後2時00分から)

    茶道を通じて日本の伝統文化や、お抹茶の美味しさを発見していただけるプログラム。季節に応じた部屋のしつらえ、日本のおもてなしの心を体感していただける内容です。願い事を書いた短冊を笹に飾り、日本の七夕を体験していただきます。

    太原市との交流

    • 昭和62年 友好都市提携
    • 平成3年から 中高生派遣開始
    • 平成13年から 中高生受入開始
    • 令和元年7月10日(水曜日)から7月16日(火曜日)まで中高生10名受入
    • 令和元年8月1日(木曜日)から8月7日(水曜日)まで中高生10名派遣

    青少年海外姉妹都市交流

    次代の国際交流の担い手を育てることを目的として、昭和55年にアメリカ・フェニックス市に10名の高校生を派遣したことから始まりました。その後交流を続け、2018年度には姫路市から34名の中高生が世界5か国5つの姉妹都市を訪問しました。
    また、姉妹都市から青少年親善大使の受入れも行っており、2018年度はアメリカ・フェニックス市、中国・太原市、オーストラリア・アデレード市および韓国・昌原市から計27名の中高生が姫路に来訪しました。

    PR:姫路市イメージキャラクター しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所観光スポーツ局観光文化部文化国際課(国際交流センター)

    住所: 〒670-0012 姫路市本町68番地290 イーグレひめじ3階、4階

    住所の地図

    電話番号: 079-287-0820 ファクス番号: 079-287-0824

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム