ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路城跡車門の石垣保存修理工事の現地説明会について

    • 公開日:2020年2月4日
    • 更新日:2020年2月6日
    • ID:11201

    資料提供日

    令和2年2月4日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市教育委員会城郭研究室
    担当者 多田
    電話番号 079-289-4877

    姫路城跡車門石垣保存修理工事を実施しています。石垣解体の様子を2月11日(火・祝)午後1時30分から市民向けに現地説明会を開催します。

    石垣修理現地説明会

    石垣解体の様子を見ていただくため、現地説明会を開催いたします。当日受付。参加無料。

    開催日時

    令和2年(2020年)2月11日(火曜日・祝日)の午後1時30分から午後3時00分まで

    少雨決行

    開催場所

    姫路市本町68番地車門跡(白鷺小中学校西側の船場川沿い。)

    神姫バス「聴覚特別支援学校・好古園前」下車、船場川沿いに南へ250メートル。

    駐車場はありません。車でご来場の方は、付近の有料駐車場をご利用ください。

    石垣修理工事の概要

    姫路城車門跡石垣の保存修理工事を行っています。解体修理では石垣内部の様子が確認できました。また、石垣の刻印(こくいん)が新しく2個見つかっています。間詰石(まづめいし)が抜け落ちていた範囲では、間詰石の補充を行います。

    石垣解体修理では、姫路城内の他の石垣と同じく、石垣築石(ちくいし)の内側は、河原石を栗石(ぐりいし)として幅50センチ程度の裏込めとしているのが確認できました。さらにその内側は、砂質の土を積上げて築いていました。

    石材の調査で、石垣に刻まれた刻印が2個見つかっています。

    工事期間 令和2年(2020年)1月27日から令和2年3月中旬(予定)

    工事面積 解体修理 立面積8平方メートル、間詰石補充 立面積82平方メートル

    工事場所 姫路市本町68番地車門跡 

    添付資料

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局日本城郭研究センター城郭研究室

    住所: 〒670-0012 姫路市本町68番地258 日本城郭研究センター内

    住所の地図

    電話番号: 079-289-4877 ファクス番号: 079-289-4890

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム