ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    土壌汚染対策法第11条の規定に基づく形質変更時要届出区域の指定について(令和2年3月13日)

    • 公開日:2020年3月13日
    • 更新日:2020年3月15日
    • ID:11368

    資料提供日

    令和2年3月13日(金曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市環境政策室
    担当者 覚野、日方
    電話番号 079-221-2467

    下記の申請者が実施した土壌汚染状況調査の結果、調査対象地の一部について特定有害物質による土壌の汚染状態が土壌汚染対策法(以下「法」という。)に定める基準に適合しなかったことから、当該区域を法第11条に規定する形質変更時要届出区域に指定しました。


    形質変更時要届出区域の概要

    土壌汚染状況調査結果報告者

    姫路市網干区興浜字西沖922番1

    株式会社日本触媒 姫路製造所

    形質変更時要届出区域に指定した区域

    姫路市網干区興浜922番1の一部

    • 面積 289.5平方メートル

    指定基準に適合しない特定有害物質の種類

    ふっ素及びその化合物

    土壌汚染状況調査の結果(土壌の汚染状態)

    • 特定有害物質の種類
      ふっ素及びその化合物
    • 汚染濃度[最大]※カッコ内は指定基準に対する倍率
      溶出量 1.8mg/L(2.3倍)
    • 指定基準
      ふっ素及びその化合物(溶出量) 0.8mg/L

    汚染原因について

    汚染原因は不明である。

    人の健康被害のおそれについて

    対象地の周辺では、地下水の飲用利用の実態はないことから、人の健康被害のおそれはないと考えられる。

    経緯

    令和2年2月17日(月曜日) 土壌汚染対策法第3条第8項に基づく土壌汚染状況調査結果報告書提出

    備考

    形質変更時要届出区域

    土壌汚染対策法に基づく調査結果で土壌溶出量基準又は土壌含有量基準を超過しており、かつ、土壌汚染の摂取経路がない区域。土地の形質変更をする際に届出が必要になる。

    土壌溶出量基準

    土壌に関する基準で、土壌に含まれる有害物質が地下水に溶け出すことを想定して設定されたもの。

    PR:姫路市イメージキャラクター しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所環境局環境政策室

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎7階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2462 ファクス番号: 079-221-2469

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム