ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    令和2年度提案型協働事業の募集について

    • 公開日:2020年4月10日
    • 更新日:2020年4月14日
    • ID:12018

    資料提供日

    令和2年4月10日(金曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市市民参画部市民活動推進課
    担当者 村田・山岡
    電話番号 079-221-2737

    地域の問題解決や公益の増進、地域資源の活用などに取り組む市民活動団体の皆さんから、姫路市とその団体が協働により実施する事業の企画提案を募集します

    募集部門

    「テーマ設定事業」「自由テーマ事業」「地域資源活用事業」のいずれか1部門から選んでください。兵庫県や姫路市の他の補助金を受ける場合は、対象外とします。

    テーマ設定事業(採択件数4件程度)
    協働課テーマ内容
    観光推進課若者による観光情報の発信事業

    市内の若者による、SNSや各種メディアを利用して本市の魅力の発信を目指す事業。本市の観光魅力の再確認・新たな発掘などの過程における気づきや、地域との触れ合い等を通じて、市民の本市への愛着増進させるとともに、地域観光づくりの担い手として若者の育成を目指す。また、若者の利用頻度が高いSNSやメディア等の効果的な媒体を利用し、プロモーションを展開することにより、本市への誘客を目指す。

    (例)各種メディアを利用し、本市の魅力を発信・誘客を促進するとともに、本市への愛着を増進する事業

    総合福祉会館ひきこもり状態の方の「居場所」づくり

    「ひきこもり」といわれる社会的孤立状態にある方について、国の調査では中高年(40歳から64歳)で全国に61万人いるとの推定が出されている。

    ひきこもり状態の方への支援については、これまでも保健所の保健師による相談支援のほか、県の委託によるNPOによる相談支援や、親の会の活動等、さまざまな取り組みが行われてきた。また、平成28年度から平成30年度までの関係機関のネットワーク構築の取り組みによって、連携による支援の幅の広がりも見られてきたところである。

    しかしながら、現状本市においては、ひきこもり者が社会に一歩を踏み出す際に、「就労支援」は構築できているものの、それ以前の、支援を受ける力が乏しく就労の意思を持つまでに至らない方が社会とのつながりを持つことができる「居場所」が未整備の状況である。

    国も補助制度の創設など支援体制を打ち出している中で、今後、本市において必要とされる支援機能とその運営のありかたについて、官民共同によるモデル事業の実施と効果の検証を通じて検討、研究を深めたい。

    (例)「ひきこもり」状態にある方が、社会への一歩を踏み出す際の受け皿を官民の連携により創出する事業

    文化国際課文化芸術を通じた社会参画の促進に関する事業

    文化芸術基本法では、文化芸術を創造し、享受することが人々の生まれながらの権利であり、年齢、障害の有無、経済的な状況又は居住する地域にかかわらず等しく文化芸術の機会を享受することができるよう環境整備を図ることが基本理念としてうたわれている。

    また、文化芸術は、人々が文化芸術の場に参加することを通じて、多様な価値観が尊重され、他者との相互理解が進むという「社会包摂」の機能を有している。

    そこで、子供、高齢者、障害者、在留外国人、その他社会的に困難を抱えている人々などを含めた幅広い市民を対象に、文化芸術を通じて社会との接点や他者との触れ合いの機会を創出しする事業を募集するもの。

    (例)文化芸術を通じて、地域におけるさまざまな立場の人々が社会に参画し、他者との相互理解が進むことに資する事業 障害のある方々とともにつくる芸術祭、不登校の子供たちを対象とした音楽や演劇のワークショップなど

    自由テーマ(採択件数:5件程度)
    協働課内容
    提案内容により協働課が異なります。協働課がご不明な場合は市民活動推進課にご相談ください。

    姫路市政全般について、自由にテーマを設定し、提案してください。

    地域資源活用事業(採択件数:5件程度)
    協働課内容
    提案内容により、協働課が異なります。協働課が不明な場合は、市民活動推進課にご相談ください。本市における地域の歴史、文化、自然等の資源(地域資源)の価値を改めて見直し、地域資源を活用して当該地域の魅力を高めること、または地域資源未来に継承することを目的とした事業を募集します。

    応募資格

    市内に活動拠点があり、下記のいずれかに該当する市民公益活動団体

    1. 不特定多数の利益の増進を目的とする公益的活動を行う非営利の団体
    2. 特定非営利活動法人
    3. 1と2の団体の共同体

    応募期間

    令和2年4月21日(火曜日)から令和2年5月21日(木曜日)まで【午前8時35分から午後5時20分まで】(土曜・日曜・祝日は除く)

    提案発表会について

    令和2年6月20日(土曜日)に姫路市総合福祉会館で開催予定です。

    (新型コロナウィルス感染症の影響により、予定を変更・中止する場合があります。)

    書類提出先

    市民活動推進課

    〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
    電話 079-221-2737 ファクス 079-221-2758

    なお、相談は下記の姫路市市民活動・ボランティアサポートセンターでも受付ています。

    姫路市市民活動・ボランティアサポートセンター「ひめじおん」

    〒670-0015 姫路市総社本町112番地
    電話 079-281-2660 ファクス 079-281-2662

    ※毎週月曜日と5月8日は休館です。

    添付資料

    お問い合わせ

    姫路市役所市民局市民参画部市民活動推進課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎4階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2737、2099 ファクス番号: 079-221-2758

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム