ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    棚田踏切除却立体交差事業(アンダーパス化)に伴う通行経路の変更について

    • 公開日:2020年8月18日
    • 更新日:2020年8月20日
    • ID:13346

    資料提供日

    令和2年8月18日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市区画整理課
    担当者 古田・炭﨑
    電話番号 079-221-2559

    8月29日(土曜日)早朝より、棚田踏切除却立体交差事業(アンダーパス化)の本格着手に伴い、通行経路を変更します

    実施日時

    令和2年8月29日(土曜日) 早朝

    実施場所

    姫路市町坪地内(JR山陽本線、姫路~英賀保駅間 棚田踏切周辺)

    実施内容

    平成11年(1999年)から土地区画整理事業を施行している姫路市英賀保駅周辺土地区画整理組合(市に技術援助申請)において、棚田踏切を除却し、都市計画道路荒川線(県道田寺今在家線)をアンダーパス化する工事に本格着手するため、8月29日(土曜日)早朝より、県道田寺今在家線の一部を通行止めにするとともに、新設した代替ルートに通行経路を変更します。

    これに伴い、県道和久今宿線との棚田交差点は、西へ約270メートル移動することとなりますが、移動後の新しい交差点(”新”棚田交差点)もこれまでの棚田交差点の交通規制と同様に、西行方向の右折と、南行方向の右折が禁止されます。

    これまで以上に周辺道路への迂回が必要となる場合がありますので、通過交通の周辺幹線道路への広域的な迂回をお願いします。

    事業概要

    中播都市計画事業英賀保駅周辺土地区画整理事業の概要

    • 施行者:姫路市英賀保駅周辺土地区画整理組合
    • 施行面積:約69.5ヘクタール
    • 施行期間:平成11年度(1999年度)~令和9年度(2027年度)
    • 総事業費:約236億円
    • 進捗率:約61.0パーセント

    上記のうち、棚田踏切除却立体交差事業の概要

    • 施行者:姫路市英賀保駅周辺土地区画整理組合
    • 事業期間:~令和9年度(2027年度)
    • 総事業費:約70億円

    完成イメージ

    棚田踏切除却立体交差事業(アンパーパス化)完成イメージ図

    完成イメージ(県道田寺今在家線南側から)

    添付資料

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局市街地整備部区画整理課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎7階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2552 ファクス番号: 079-221-2739

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム