ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    令和2年度 産学協同研究助成金について(助成決定)

    • 公開日:2020年7月30日
    • 更新日:2020年8月1日
    • ID:13495

    資料提供日

    令和2年7月30日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市企画政策推進室
    担当者 篠原、平野
    電話番号 079-221-2536

    市内の大学と地元企業が行う協同研究に対し助成する産学協同研究助成金について、令和2年7月14日に開催された産学協同研究助成選考委員会の選考結果を受け、次のとおり助成対象グループを決定しました。

    令和2年度 助成対象グループ及び助成金額

    助成対象グループ及び助成金額
     研究グループ・代表者・大学研究名 助成額 
     1 

    口腔乾燥症改善グループ
    長久保 大輔
    (姫路獨協大学)

    唾液産生を促進する新規の
    有効成分含有食品の創出
     2,000,000円
     2

    エレクトロポリッシング研究グループ
    福室 直樹
    (兵庫県立大学)

    ステンレス鋼表面の局所電解
    研磨技術の高度化
     1,600,000円
     3

    素形材加工研究グループ
    原田 泰典
    (兵庫県立大学)

    プレス加工による機能性容器
    成形技術の開発
     2,000,000円
     4バイオセンサー研究会
    住友 弘二
    (兵庫県立大学)
    人口細胞膜・半導体結合型
    バイオセンサーの開発
     2,000,000円
     5画像外観検査研究会
    森本 雅和
    (兵庫県立大学)
    チェーン製造ラインにおける
    外観検査システムの開発
     2,000,000円

    対象グループの概要は、令和2年度 産学協同研究助成金決定一覧をご覧ください。

    令和2年度 産学協同研究助成金決定一覧

    産学協同研究助成金について

    趣旨

    昭和62年2月、地元企業の育成の一助にと尾上壽作様およびはつ様の寄附および市費をそれぞれ基金として積み立て、その運用益による市内の大学等が播磨圏域連携都市圏(注)に所在する企業と行う協同研究を助成し、大学の学術研究の振興と企業の技術力向上を図るもの。
    (注)姫路市、相生市、加古川市、赤穂市、高砂市、加西市、宍粟市、たつの市、稲美町、播磨町、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町

    基金

    • 原資(寄附金等)
      尾上壽作氏 現金6,000万円、グローリー株券40,000株(額面1株50円)
      尾上はつ氏 グローリー株券40,000株(額面1株50円)
    • 基金額(令和2年度当初)
      尾上学術振興助成基金 158,992,581円(株券分を含む)

    助成の対象

    市内の大学と播磨圏域連携中枢都市圏(8市8町)に所在する企業との協同研究グループ

    助成金額

    研究に係る費用の5分の4以内(200万円を限度とする)
    ※姫路市産学協同研究助成選考委員会により選考された研究のうち、特に優れた内容であるものについては、研究に係る費用の5分の4以内の額に10分の1以内の額を加算する。

    助成の選考

    産学協同研究助成選考委員会において選考

    産学協同研究助成選考委員会の委員構成

    8名(令和2年7月14日現在)

    • 姫路商工会議所 副会頭 佐和 吉敬
    • 姫路経営者協会 副会長 林 叔子
    • ひょうご科学技術協会 審議役兼統括マネージャー 三浦 久典
    • 姫路獨協大学 准教授 野上 千穂
    • 兵庫県立大学 准教授 木村 幸子
    • 姫路日ノ本短期大学 学長代行 濱田 敏子
    • 姫路大学 教授 富岡 美佳
    • 尾上学術振興事業 寄附者代表 熊谷 定子

    助成実績(過去3年)

    平成29年度 5件、平成30年度 6件、令和元年度 6件

    お問い合わせ

    姫路市役所 市長公室 企画政策推進室
    電話番号: 079-221-2536 ファクス番号: 079-221-2186
    E-mail: center-highereducation@city.himeji.lg.jp

    お問い合わせフォーム