ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    令和2年度中心市街地歩行者等通行量調査結果について

    • 公開日:2020年12月8日
    • 更新日:2020年12月9日
    • ID:14915

    資料提供日

    令和2年12月8日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市産業振興課 中心市街地活性化推進室

    担当者 杉野、重入

    電話番号 079-221-2453 


    姫路市中心市街地活性化基本計画における数値目標達成状況と整備が進む姫路駅周辺等の通行量を把握するための中心市街地歩行者等通行量調査結果をお知らせします。

    令和2年度調査概要

    1. 中心市街地活性化基本計画の数値目標に掲げる主要10地点の通行量を把握する。
    2. 現在整備中のJR姫路駅周辺の通行量を把握する。
    3. その他中心市街地における通行量を把握する。

    調査日時

    • 第1回 令和2年6月28日(日曜日)午前10時00分から午後6時00分まで 
    • 第2回 令和2年10月2日(金曜日)午前10時00分から午後6時00分まで 

    調査地点

    市内中心市街地42ヶ所

    調査方法

    男女別、進行方向別に調査する。

    調査対象

    歩行者(車椅子・自転車を含む、乳児は計測対象外)

    概況

    第1回(6月調査分)

    毎年4月29日に実施している通行量調査について、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和2年6月28日(日曜日)に延期し調査を行いました。

    令和2年6月28日(日曜日)の中心市街地主要10地点における通行量は、65,263人で、平成31年4月における通行量(113,359人)の57.6%となり、中心市街地の全体的な状況として、昨年度と比較して通行量が減少しました。 大幅に通行量が減少した要因としては、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛要請が長く続いたことが大きいと考えられます。世界各国からの入国が制限されていることに加え、国内においても外出を自粛する傾向が続いていることから本市への観光客も大きく減少しています。また、県内においても、「3密」のある場所への出入は避けるよう呼びかけられていることから、市民の中心市街地への外出も少なくなったことによるものと考えられます。

    一方で、姫路駅周辺の生活圏で使用する通路や道路は、姫路駅周辺整備事業等による基盤整備に伴い、都市の魅力が向上し、中心市街地の居住人口が増加していることなどにより、キャスティ21コアゾーンエリアについては、昨年と比較して増加した地点もあります。今後は、新型コロナウィルスの感染防止対策に配慮しながら、姫路城への観光客や姫路駅周辺の商業施設や商店街の賑わいを取り戻すため、新しい生活様式を踏まえたまちづくりに取り組んでいくことが重要と考えられます。

    増加・減少要因の詳細については、添付の報告書をご参照ください。
    なお、平成21年度までは「姫路商工会議所」、平成22年度は「姫路市中心市街地活性化協議会」のデータを参照しています。

    第2回(10月調査分)

    令和2年10月2日(金曜日)の中心市街地主要10地点における通行量は、48,710人で、令和元年10月4日における通行量(62,712人)の77.7%となり、中心市街地の全体的な状況として、昨年度と比較し約8割程度の通行量でした。

    一方、姫路駅から西側では昨年度より増加した調査地点もあります。これは姫路駅西地区に新たなビジネスホテルが開業したことに伴い、周辺に飲食店も次々に開店していることから、当該エリアへの新たな人の流れができてきたことによるものと考えられます。

    しかしながら、通行量が昨年度と比較して減少している原因は、依然として新型コロナウイルス感染症による影響が大きいものと考えられます。7月から開始された「Go to トラベル」キャンペーンにより本市への観光客も緩やかに回復しているものの、遠方からの観光客は少ないことや、国外からの観光客がほとんどいない状況であることから、中心市街地に以前のような賑わいは戻っていません。

    緊急事態宣言の解除後、感染拡大を予防するための「新しい生活様式」のもと、徐々に日常生活を取り戻しつつあります。今後、中心市街地の賑わいを取り戻すため、商店街の活性化を目指す商店街ポイントシール事業や、駅前のクリスマスイルミネーション、姫路城のナイトイベントなど感染拡大予防策を講じながら少しずつ事業を進めています。また、市民の中心市街地への来街を促していくには、コロナ禍でその在り方や価値が見直されつつある「公共空間」を有効活用する新しい取り組みなど、これまでとは異なるまちづくりに取り組んでいくことが求められます。

    報告書

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所産業局商工労働部産業振興課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎9階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2506 ファクス番号: 079-221-2508

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム